ZERO AUDIO「ZERO BASS ZB-03」レビュー~音質と装着感について~

スポンサーリンク

ZERO AUDIOという国産メーカーから2016年9月23日に発売されたハイレゾ対応ダイナミック型イヤホン「ZERO BASS ZB-03」

価格の安さと音質のバランスが良く、発売当初から価格.comやAmazon等で人気があり、令和に入った現在でも現行機種として販売されています。

当時の価格は5000円程度でしたが、現在(2019年6月)では3000円程度となっており、よりコストパフォーマンスの高いイヤホンの一つだと思います。

「ZERO BASS ZB-03」の音を一言で言うなら、ドンシャリではなく、ドンシッカリ。

力強い低音と破綻のない高音で音楽を楽しませてくれるリスニングイヤホンです。

今回は、「ZERO BASS ZB-03」のハード面と音質面については使ってみて気づいたことなど書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

「ZERO BASS ZB-03」のハード面と音質面

本体と付属品

パッケージには、イヤホン本体の他、付属品としてS,Lサイズのイヤーピース、マグネットクリップ、取扱説明書が同梱されていますが、イヤホンケースは付属していません。

私が購入したのはホワイトカラーで、光沢をもつ美しいカラーリングです。

マグネットクリップは、イヤホンのカラミ防止のため、以下の様に使用します。

このマグネットはかなり強力で、軽く力を加えた程度では外れないようになっています。

磁力が強力であるがゆえに、磁力に弱い製品の側には近づけない方がいいと思います。

イヤホン本体はアルミ製で、イヤホン同士が触れるとカチカチと音がします。

ステム(イヤーピースをはめる部分)は短めです。

LRの区別は、本体にプリントされているLRで確認する形になります。

ブーツ(イヤホン本体方出ている銀色の部分)にはドット等の突起はついていません。

コードスライダーの左側の部分に3つのドットがあり、これでLRを区別することもできなくはないですが、コードがねじれていたりすると、どちらがLRだか分かりづらいです。

ケーブルの長さは1.2mのY字型で、その質感はビニールっぽい感じで、Ipodに付属しているイヤホンの質感に似ています。

歩いている時にゴソゴソするタッチノイズは大き目なので、付属のマグネットクリップを使って、シャツの胸ポケット等にケーブルを止める対策が必要です。

SHURE掛け(ケーブルを耳に掛ける)も可能ですが、通常の装着方法と比べると、装着感が人によっては微妙な感じになるかもしれません。

イヤホン本体の後ろは、バスブーストポートという低音の質を調節するための穴が、網状に空いています。

イヤーピースについて

付属のイヤーピースを左からS,M,Lの順でに並べてみました。

S,Mサイズは一般的な大きさですが、Lサイズはかなり大きめです。

イヤーピースの茎の付け根は、カサの少し奥まったところから始まっています。

イヤーピースの茎は硬めで、イヤーピース表面の穴の周辺から3~4ミリmmぐらいの外周も硬めになっています。

カサの部分は硬すぎず柔らかすぎずといった具合です。

装着感

「ZERO BASS ZB-03」はステムが短く、イヤーピースの茎の始まりの部分が少し奥まっているため、イヤホン本体とイヤーピースがくっついているような感じになります。

イヤホン本体の形状はイヤーピースに向かって膨らんでいるため、耳の穴の小さい方は、もしかするとイヤホン本体が耳に干渉するかもしれません。

「ZERO BASS ZB-03」の音質について

音質のチェックに当たって、「ZERO BASS ZB-03」をSONYのDAP(デジタルオーディオプレイヤー) NW-ZX2に直挿し、イヤーピースは付属のLサイズを使用しました。

DAPの音響エフェクトは全てオフ、DAPの音響エフェクトは全てオフにし、試聴曲は、Winkの「淋しい熱帯魚」、YMOの「Ballet」、東京女子流の「Limited Addiction」等、ファイル形式は全てflacのものを使用しました。

「ZERO BASS ZB-03」の音を端的に言うと、低音強めだが、それによって中高音が聴こえづらくなることはない、自然な音色といったところです。

5000円前後の価格帯のイヤホンの中には空間表現に長けていたり、何かに特徴があって、ハッと感激するものもありますが、音の質感に難があるものも多いです。

シンバルの音がチリチリ・ギラギラ・シャカシャカする、ボーカルがジャリっとする・モワッとする・薄っぺらい、ベースがモコモコしてベースラインが分からない等、普段自分が耳にする楽器や声の質感と違うといった具合に。

その点、「ZERO BASS ZB-03」は、変な音の脚色がなく、きちんとシンバルはシンバルの音、ボーカルは普段耳にする人の声に聴こえます。

この点においては、下手な1万円越えのイヤホンより質は高いと思います。

低音は、太い芯と重さのあるドラムのキックと、ベースの低い音の主張が強めですが、5000円前後のイヤホンにありがちな低音重視型モデルとは違い、低音の音量を単に多くしたという感じではなく、低音の音量は少し強めにした程度で、その重さを聴かせるといった感じです。

そして、低音が出た後に、モワッとする空気が空間を支配しないので、意外にすっきした感覚があります。

もともと若干低音が強めの曲を聴くと、低音がより重く強めに聴こえますが、全体のバランスを崩す程の強い主張にはならず、そのクリアでベースラインも追える低音から、リマスターCDを聴いているような目新しささえ感じます。

mp3の音源も聴いてみましたが、flacとの差はあまり感じられず、どの曲も気持ち良く聴くことが出来ました。

その反面、「ZERO BASS ZB-03」はハイレゾ対応ですが、ハイレゾと非ハイレゾとの音質差も、音源にもよりますが、それ程大きくは感じませんでした。

このような音質差をしっかりと感じたい場合は、もう少し価格帯が上の製品を狙う必要がある気がします。

使用上の留意点

実際に使用してみて、注意していただきたい点が2つあります。

1つは、イヤホンの装着について。

本体の形状からして、最適な装着ポジションは耳の穴の入り口を塞ぐ程度にして、外耳道にまで押し込まないこと。

フィットが浅いと、音が明るくギラッとする、音が軽い、低音が主張しないといった感じになりますが、無理に押し込むと耳に痛みを感じるばかりか低音の主張が強すぎてモワッとした暗めの音色になります。

特にイヤホン初心者の方は、見た目でイヤーピースの大きさを判断しないで、一応全てのイヤーピースを試してみて、耳の入り口を塞ぐのにちょうどいい大きさのものを見つけてください。

2つ目は、箱出し直後の音質に違和感を覚えた場合について。

個人的には「ZERO BASS ZB-03」のエージング(音の鳴らし込み)は、必須なような気がします。

箱出し直後の音は、中高音はジャリっとした少し雑な音、低音は強い芯にモワッとした空気をまとった主張の強い音で、全体的にバランスが悪い感じでしたが、多少のエージングにより、音の質感、バランスが整ってきました。

もし、私と同じような違和感があった場合、一晩程度で構わないので、通常聴く音量でスマホやDAPにイヤホンを挿して鳴らしっぱなしにしてみてください。

まとめ

3000円前後といった価格帯で、この「ZERO BASS ZB-03」の音質はピカイチだと思います。

装着感に違和感がなければ、迷わず買いのイヤホンなので、出来る限り試聴してその音質と装着感を確かめてみてください。

関連事項

エントリークラスイヤホン記事一覧

イヤホン・ヘッドホン関連記事一覧

ブログトップページ

Amazon.co.jpで商品情報をチェック

この記事をお届けした
My life , My 80'sの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする