intime 碧(SORA)試聴レビュー~5000円前後のおすすめイヤホン~

今回の試聴レビューは、intime(アンティーム)というメーカーの「碧(SORA)」というイヤホンです。

ハイブリッド構造、ハイレゾ対応、真鍮ボディーとスペック的な魅力満載で、価格も5000円程度ということから、注目度の高いイヤホンです。

スポンサーリンク

intime 碧(SORA)のハードと音質

試聴に使用したDAPは、SONY NW-ZX2で、音響エフェクト等は全てオフの状態です。

試聴曲は以下の曲を1コーラス程度、何度か聴きました。ファイル形式は全てflacです。

  • 淋しい熱帯魚(Wink)
  • LA Vie En Rose(手嶌葵)
  • ギミチョコ(BABYMETAL)
  • 卒業(斉藤由貴)
  • みずいろの雨(八神純子)
  • 石鹸色の夏(斉藤由貴)
  • インフルエンサー(乃木坂46)

なお、細かいスペックについては、公式サイト等でチェックしてみてください。

見た目と概要

見た目は美しいシルバーで、ボディーが真鍮のせいか、少し重みを感じます。

イヤピースは、SHUREに付属しているシリコンイヤーピース程度の硬さで、適度な厚みがあります。

本体はコンパクトで、無理に耳の奥へねじ込まない限り、耳に干渉して痛みを感じることはないと思います。

音質について

intime 碧(SORA)はハイブリッド構造という事ですが、これは、一般的なダイナミック型とBA(バランスド・アーマチュア)型を搭載しているという事ではなく、ダイナミック振動板にセラミック振動板を追加したという意味らしいです。

簡単に言うと、素材の違った2つの振動板を持つダイナミック型イヤホンと言えると思います。

さて、気になる音質ですが、音場は広めで、鳴っている音と顔面の距離は、遠すぎず、近すぎずといった適度な距離感です。

音色は明るめで、広い音場との相乗効果で、碧(SORA)というネーミングに見合った雄大な青空を感じさせるようなものでした。

音のバランスは、基本的にフラットで、高音、中音、低音の量に大きな差は感じませんでした。

ただ、定位的に、ボーカルが若干前に出てくる感じがありました。

低音はフラットバランスながらも、しっかりとした重く力強い音を聴くことが出来ました。

この価格帯のダイナミックイヤホンの場合、低音の力強さとは裏腹に、中高音が薄っぺらいという製品も見られますが、碧(SORA)の場合は、全音域に渡って適度な厚みがあります。

全帯域の音にキレがありますが、エッジ(音の輪郭)はキツくないので、耳障りな音ということはありません。

若干気になるのは、シンバルやハイハットといった高音やボーカルに少しカサツキを感じる点。

ただ、この帯域の全ての音がカサカサして聴こえるという訳ではなく、潤って聴こえる部分もあれば、鳴る音によっては潤いが感じられないという部分的にカサツキを感じるといった具合です。

解像度(音の鮮明度合い)は良いと思います。広く明るい音場にキレのある音が鳴っているため、細かい音も良く聴こえます。

まとめ

intime 碧(SORA)は、力強さと爽快感を兼ね備えた非常に気持ちの良いイヤホンで、オールジャンルに使用できるイヤホンだと感じました。

先程も書いたように、中高音に若干のカサツキを感じることもありますが、この価格帯でありがちなザラザラ、ジャリジャリといった不快な音は出しません。

バランスが良く、元気で気持ち良く聴けるにもかかわらず、聴き疲れがなく、5000円という価格を考えると、非常に良くできたイヤホンと言えます。

この価格帯だと、finalのE2000とE3000も選択肢に入ると思いますが、intime 碧(SORA)とは全く違う傾向です。

もし、この2機種で迷われているなら、大雑把に言うと、バランス良く落ち着いたクセのない音を楽しみたい場合はfinalのE2000かE3000、元気いっぱいの音を楽しみたい場合はintime 碧(SORA)という感じで検討してみてください。

★Amazon intime 碧(SORA)商品紹介ページはこちら

関連事項

エントリークラスイヤホン記事一覧

イヤホン・ヘッドホン関連記事一覧

ブログトップページ

タイトルとURLをコピーしました