【感想】劇場版 おいしい給食-卒業-~ネタバレなしの見どころを解説します~

平成・令和カルチャー全般
記事内に広告が含まれています。

 

なんか面白い映画見たい気分

私、最近笑ってないかも…

そんな方は、「劇場版 おいしい給食-卒業-」がおすすめ!

2022年5月13日(金)より公開された「劇場版 おいしい給食-卒業-」は、

ハイスピードな笑いと感動の嵐

 

劇場公開初週の休日に見に行ったところ、劇場のアチコチで笑いが…

もちろん、私も久々に映画館で声を出して笑ってしまいました。

ここでは、はじめて「おいしい給食」に触れる方に向けて、簡単なストーリー展開を紹介しつつ、ネタバレしない程度に「劇場版 おいしい給食-卒業-」の見どころをお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

「おいしい給食」のストーリー展開と「劇場版 おいしい給食-卒業-」の見どころ

「おいしい給食」のストーリー展開

2019年に始まったドラマ「おいしい給食」は、「劇場版 おいしい給食 Final Battle」へと繋がり、2021年にドラマ版のseason2、そして今作「劇場版 おいしい給食-卒業-」という作品展開で、ストーリー全体を通して続く流れはありますが、基本的にはどの回から見ても楽しめる作風になっています。

 

舞台は1980年代中~後半の中学校。教師には威厳がなければならないという信念のもと厳しく生徒を指導する教師 甘利田幸男。しかし、甘利田は給食を食べに学校に来ているといっても過言でないほどの給食愛を持っており、毎日給食の献立表を舐めるように眺め、給食前の校歌斉唱時や給食を食べている時は、幼児が大好物を目の前にしてはしゃぐかの如く変態的なパフォーマンスをする。この喜びの舞は誰にも気づかれてないと思い込んでいる甘利田だが、もちろん周囲の人たちは承知済み。

もう一人の主人公は生徒の神野ゴウ。彼も甘利田と同じく給食愛に満ち溢れていて、自分なりの創意工夫で給食をよりおいしく食べるという能力に長けている。

この2人の給食道のバトルとお互いを認め合う教師と生徒の友情のようなものが物語のメインになっています。

 

舞台が昭和ということもあって、3年B組金八先生Ⅱで不良の番長 加藤優と演じた直江喜一さん、80年代アイドルとして一世風靡した伊藤麻衣子(現:いとうまい子)さんらも出演し、作品に華を添えています。

直江喜一さんは第1作目の映画から登場する教育委員長役で、毎回給食を偏愛する甘利田を苦境に追いやります。その役名は鏑木(かぶらぎ)優。「優」はきっと加藤優つながりなんでしょうね。

劇中BGMにも昭和臭が漂っていて、ポールモーリアや80年代洋楽をオマージュしたような昭和世代ならピンとくるどこかで耳にしたような懐かしいメロディーが流れてきます。

 

「劇場版 おいしい給食-卒業-」の見どころ

現在劇場公開されている「劇場版 おいしい給食-卒業-」はドラマ版season2の続きですが、ドラマ版を見たことなくてもストーリーの筋を理解し、楽しめる作りになっています。

さて、今回の主軸となるキーワードは学校給食のメニュー変更。健康に配慮するという目的で、いわゆる病院食のような給食になってしまいます。これまでと大きく変わってしまった味と量、そして見た目など、給食を愛する甘利田と神野のみならず、生徒全員がゲンナリ。これに甘利田と神野はどう立ち向かっていくのか、そして甘利田と神野にとっての「卒業」とは何を意味するのか?

 

今作品では、甘利田先生の”全身これ鋭利な刃物”と言わんばかりのキレッキレの動きがさらに変態度を増し、他の演者が危機を感じるレベルの暴走ぶり。変質者にしか見えない奇妙な私服姿で給食を食べるシーンも見どころです。

前回の映画版「劇場版 おいしい給食 Final Battle」で、お酒を飲まない甘利田先生がお酒を飲んでしまったことによって、甘利田をサポートする御園ひとみ先生(武田玲奈さん)との関係がギクシャクしてしまうという伏線がありましたけど、今作でもちょっとしたことからアルコールが甘利田先生の体に入ってしまい…

お酒を飲むと自分に正直になる、そんな様子を見ていると、個人的にビートたけしさんが主演した昭和のギャグドラマ「学問ノススメ」を思い出します。

という感じで、まだまだ見どころはたくさんあって、あれもこれも話したいですけど、この辺で止めときます。

 

終わりに

「おいしい給食」ってメチャクチャ面白いのに何故かローカルでしか放送されず、そのせいかイマイチ認知度が低い気もしますが、現代のネット社会では情報がパーソナライズ化されているので、きっと一定の趣向を持った人たちには認知されて、グサッと胸に刺さりまくってるんでしょうね。

私が「おいしい給食」に出会ったのはホント偶然で、たまたまチバテレかなんかにチャンネルを合わせた時にやっていて、市原隼人さん演じる甘利田先生のバカバカしさ加減に爆笑し、ハマりました。

でも、「おいしい給食」は単なるお笑いドラマではなくて、純粋に好きなものを全身で好きと表現する甘利田という教師を通して、物事の本質を知る術を教えてくれているような気がします。

物事の本質というのは実は単純なのに、大人になるにつれ、世間体・プライド・羞恥心などが物事を複雑化し、問題という負の塊を生んでいる…

今、世界中で様々な問題がありますが、甘利田先生の生き方に少しでも近づくことが出来れば、それらはもっと単純化できるのかもしれません。

というわけで、現在公開されている「劇場版 おいしい給食-卒業-」を含めた「おいしい給食」全般の紹介でした。これまでの作品はDVDアマゾンプライム等のネット配信で見ることが出来るので、気になったら好きなシリーズからご覧になってみてください。

スポンサーリンク
このページをシェアする
まちろさんをフォローする
スポンサーリンク
まちろブログ