【レシピ】豚ひき肉ハンバーグの作り方~ポイントは塩の分量!~

ハンバーグの作り方も色々ありますが、豚ひき肉のみのハンバーグも、とっても美味!

シュウマイやピーマンの肉詰めとかが好きな方におすすめです。

スポンサーリンク

豚ひき肉ハンバーグの作り方

食材と調味料(3人前程度)

(ハンバーグの材料)

  • 豚ひき肉(600g)
  • 玉ねぎ(中 半分)
  • 卵(1個)
  • パン粉(大さじ5)
  • 塩(小さじ1)※挽肉の量に対して1%
  • コショウ(適量)

(デミグラスソースの材料)

  • ケチャップ(大さじ5)
  • 中農ソース(大さじ5)
  • 砂糖(小さじ1)
  • バター(10g)

調理手順

  1. 玉ねぎをみじん切り、卵は溶いておく
  2. 挽肉、玉ねぎ、卵、パン粉、塩、コショウの順に入れてよく練り、好みの大きさのタネを作る
  3. 中火で焼き、軽く焼き目が付いたら裏返し、弱火で蓋をして5分蒸し焼きにする
  4. 5分経ったら、再度裏返し、4分程蒸し焼きにする
  5. 竹串を刺して肉汁が透明だったら完成
  6. ハンバーグを作った(油が残っている)フライパンにデミグラスソースの材料を入れ、弱火で混ぜて、滑らかになったらソースも完成

調理の注意事項

ハンバーグのタネを作る時って、手がベタベタするので、あらかじめ必要な材料は小皿に入れて置くなど、準備をしてから始めると、作業がスムースになります。

玉ねぎのみじん切りは、粗みじんで構わないので、適当にザクザクやってください。

材料を入れる順番は、それ程気にしなくて大丈夫ですが、いっぺんに材料を入れて練るよりも、各材料を入れるごとに練った方が、全体に満遍なく材料が行き渡ります。

タネは焼くと膨らんでこじんまりするので、なるべく平べったく作るといいです。

蒸し焼きにする時は、必ず弱火にしてください。そうしないと黒焦げになります。

上記の焼き時間で焼きが甘かったら、プラス1~1分半程度焼き時間を追加してみてください。

まとめ:豚ひき肉ハンバーグの作り方

レシピの分量は、正直、適当で大丈夫です。

ただし、塩の分量だけはキッチリ守ってください

何で塩の分量は1%なのか、そもそも何で塩を入れるのか?

そんな疑問を持った方は、別記事に各材料を入れる理由を書いておきましたので、ご覧になってみてください。

材料や調味料を入れる意味を知ると、レシピを見なくても徐々に調理が出来るようになって、料理が楽しくなりますヨ(*^-^*)

ハンバーグに塩・片栗粉・パン粉・牛乳・卵を入れるのはナゼ?なしでも大丈夫?~実験してみた~
ハンバーグのレシピを見ていると、パン粉、牛乳、卵など色々な材料を目にすると思いますが、レシピによって使ったり使わなかったり。 これらを入れたり入れなかったりすると一体どんなハンバーグが出来るのでしょうか? 今回は、ハンバ...