関東 犬と日帰りおでかけ~埼玉 飯能 メッツァビレッジ~

メッツァビレッジとは、2018年11月9日にオープンした埼玉県飯能市にある宮沢湖を囲んだ湖畔公園のような施設で、犬連れOKという事だったので、愛犬のキャバリア「まちろ社長」を連れて行って来ました。

今日はどこに行くのカナ?

日帰りできる犬連れOKの場所を探してはあちこち行っていますが、メッツァビレッジはこれまで行った中で一番くつろげる場所でした。

メッツァビレッジは、2019年3月16日にオープンしたムーミンバレーパークと併設されており、この2つの施設を総称してメッツァといいます。

★メッツァ公式ホームページはこちら

なお、同じ飯能市に「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」がありますが、これはまた別の場所なので、検索する際に間違えないよう注意してください。

今回は、愛犬を連れてメッツァビレッジを散策した様子、事前に知っておいた方がよい事項などについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

愛犬と共にのんびり過ごす公園

交通と駐車場

メッツァビレッジまで車で行き、関越自動車道と圏央道を利用しました。

圏央道の狭山日高インターチェンジで降りてから、のどかな景色が続き、「メッツァビレッジはこちら」「あと〇m」みたいな案内の看板は一切見なかったので、ナビゲーションを見ているにもかかわらず少し不安になりましたが、約10分ちょっとでメッツァビレッジに着きました。

駐車場は屋外と立体駐車場があり、1000台分のスペースがあります。

私は2019年4月21日、日曜日のお昼頃に行きましたが、かなり駐車スペースは空いていました。

駐車場は事前予約でき、予約した方が料金的にお得です。

(事前予約あり)

・終日・・・(平日)1500円(土日祝)2500円

(事前予約なし)

・時間貸し・・・1時間辺り(平日)600円(土日祝)1000円

私は予約なしで3時間ぐらいいたので、駐車料金は3000円でした。

ちょっと高いかな…💦

園内の様子

メッツァビレッジとムーミンバレーパークは別々の入り口から入場するのではなく、宮沢湖へ向かう一本道を進んでいきます。

まず、メッツァビレッジに入り、奥の方へ約10分弱ぐらい歩くとムーミンバレーパークの入場口になるといったイメージです。

メッツァビレッジの入場は無料、ムーミンバレーパークは有料エリアとなります。

先程の一本道を歩いていくと、まずメッツァビレッジの2階建ての施設が目に入ってきます。

この建物は2棟に分かれていて、この手前の1棟は食品や雑貨売り場のマーケット棟、奥にあるもう1棟はレストラン棟となっています。

目の前には清々しい宮沢湖。

園内には至る所にキレイなお花が咲いています。

宮沢湖を目の前にして、右へ行くとウッドチップの敷き詰められた野外レストランエリアがあります。

白いテントの下で休憩しました。

気持ちいいワンね!

左奥の方(ムーミンバレーパーク方面)に行くと、芝生の広場、雑貨屋カフェのある平屋が見えてきます。

この芝生に設置してある椅子には枕が付いていて、座り心地もよく、しばらく目をつぶっていると眠ってしまいそうです。

さらに進んでいくと、カヌー乗り場があります。

カヌーというと世代的に「あらいぐまラスカル」のスターリングを思い出してしまいます(#^^#)

乗ってみたいけど、ちょっと怖い気もするワン💦ラスカルはスゴイなー🐶

そろそろムーミンバレーパークの入場口が見えてきました。

入場口手前からウェルカムアートと名付けられた木製の飾りがたくさん並んでいます。

木製の長椅子には、それぞれ違った文章が刻まれています。

撮影スポットもあちこちに。

記念撮影だワン🐶

無料のエリアはここまでとなります。

食事

色々なお店がありますが、ここでは今回利用したお店について書いておきます。

施設の中は犬(盲導犬等は除く)と入店することは出来ませんが、屋外のベンチ等で愛犬と食事をすることは可能です。

まず、マーケット棟にあるサイボクというお店のウインナーセット(ウインナーと厚切りハム)をいただきました。

肉の目が細かくて全くゴリっとした感覚はなく、とても柔らかい食感。

肉の甘みと旨味がギュギュっと凝縮されたお肉は絶品でした。

サイボクは日高市に本店を構える食品メーカーで、ゴールデンポークという銘柄の豚肉を扱っています。

以前、本店に行ったことがありますが、ここは豚肉の直売や屋内レストランだけでなく、屋外のお店で焼き立てポークの食べたり、子どもの遊べるミニアスレチックなどがあったりと家族で楽しめる施設となっています。

屋外での犬連れはOKです。

★サイボク本店ホームページはこちら

わてにもくれワン💦

マーケット棟の売店でバウムクーヘンも買ってみました。

小ぶりなサイズで、しっとり濃厚、疲れを癒してくれる甘さでした。

まちろ社長には、犬用のフードを売っているお店があったので、無添加低カロリーの鶏ささみを買ってあげました。

軽食を取った後、またブラブラしていたら、またお腹が空いてきたので、今度はレストラン棟に行ってみました。

パスタにしようか…

ハンバーグにしようか…

色々迷って、結局AFURIというラーメン屋さんにしました。

注文したのは醤油ラーメン。あっさりとこってりが選べますが、こってりにしてみました。

ソーメンと同じぐらいの極細麺ですがコシがあります。

スープはこってりというほど濃厚な感じではなく、どちらかというとアッサリ気味ながらしっかりとした醤油のコクがあるという感じでした。

香ばしいチャーシューは絶品でした。

最後にマップを載せておきますので参考にされてみてください。

まとめ

絶品フードを楽しんだり、芝生でゴロゴロしながら持参したお弁当を食べたり、宮沢湖を眺めながら家族・愛犬と楽しめるメッツァビレッジ。

犬連れのご家族もたくさん見かけました。

出かけたいけどのんびり過ごしたいと思われている方は、是非一度足を運んでみてください。

関連事項

犬と人間の年齢一覧表

犬連れ日帰り旅行記事一覧

ブログトップページ

タイトルとURLをコピーしました