【レシピ】鶏ムネごぼう煮込み~きんぴら飽きた!なんて時におすすめ~

 

鶏ムネ肉をパサつかせず、ゴボウとニンジンで煮込んだ料理です。

 

ゴボウって、きんぴらと天ぷらぐらいしか思いつかないよ💦

なんて時に試してみてください。

スポンサーリンク

鶏ムネごぼう煮込みの作り方

食材と調味料(3人前程度)

(食材)

  • 鶏ムネ肉(300g)
  • ゴボウ(2/3~1本)
  • ニンジン(中1本)

(調味料)

  • ごま油(大さじ1)
  • 小麦粉(大さじ2)
  • 醤油(大さじ1.5)
  • 酒(大さじ1)
  • 砂糖(大さじ1)
  • みりん(大さじ1)
  • 水(200cc)
  • 生姜(チューブ 2cm)

調理手順

  1. ごぼうの皮を軽く剥き、5mm程度の厚さにスライスカット(斜め切り)
  2. ニンジンも皮を剥き、乱切りに(ランダムな大きさにカット)
  3. 鶏ムネ肉は好きな切り方で一口大にカットし、ボウルで小麦粉と混ぜる
  4. フライパンに大さじ1のゴマ油を敷き、鶏ムネ肉を炒める(中火
  5. 鶏胸肉の表面に焼き目が付いたら、野菜を入れ、軽く炒める
  6. 水、砂糖、酒を入れて一煮立ちさせ、アクを取る
  7. みりん、しょう油、生姜を入れて落とし蓋をし、火加減を中弱火にして15分煮込んだら完成

調理初心者の方へ

鶏ムネ肉に小麦粉をつけるのは、肉をパサパサさせないためです。

小麦粉をつけると、肉の水分が流出しにくくなるので、鶏ムネ肉に限らず、肉の食感をしっとりさせたい時は、小麦粉でコーティングしてみてください。

 

鶏ムネ肉の焼き加減ですが、表面に軽く焦げが付く程度(見た目で美味しそうに思える程度)で大丈夫です。

この時点では完全に火が通っていませんが、煮込んでいる間に火は通ります。

 

調味料は時間差で入れていますが、これは各調味料の働きを考慮した入れ方です。

ただ、今回の煮込み時間程度では、後に入れようが先に入れようが、それ程変化はないので、面倒くさかったら、いっぺんに入れても構いません。

砂糖と酒は以下の理由で最初に入れています。

砂糖:水に溶けにくく、味が染み込みづらい

酒:食材全体の臭み消しとダシ的な役割

 

みりんと醤油は以下の理由で後入れにしています。

どちらも食材を硬くする性質があるので、今回の料理では後入れにしています。生姜は後でも先でもどっちでもいいです。

みりん:食材を似煮崩れしにくくする、みりん独特の甘みを出す

しょう油:味付け

 

煮込み時間は約15分ですが、8~10分ぐらいで一度落し蓋を外して、軽く全体をかき混ぜてください。

この時、もし水分が蒸発しまくって空焚きになりそうなら、少し水を足してください。

揃えるべき料理道具&調味料一覧~必要な理由も書いておきました~
あんまり料理したことないけど、簡単で美味しそうなレシピ見つけたからやってみよう! そう思って、いざ料理に取り掛かると、アレがないコレがないとバタバタ💦 調理道具や調味料はあるもので代用...
COOKING
YouTubeでも料理動画を配信しています。ブログには書いていない料理なども作っているので、よろしければご覧になってみてください。ちょっと遊び半分ですけど(*^▽^*) 【YouTube】まちろさん料理チャンネルはこちら