80年代のレターセットと文通~昭和ファンシーグッズ~

80年代の一時期、私は文通にハマりました。当時の封筒や便箋が自宅に残っていたので、写真に撮ってみました。

皆さんが見たことのある、又は使ったことのあるものはあるでしょうか?

スポンサーリンク

80年代レターセットフォトギャラリー

文通のきっかけ

中学生になった時、中一時代・中一コースといった学習雑誌をよく読んでいました。

その本の中に、文通相手募集というコーナーが必ずありました。

ここには、自分の趣味や本名、住所が書かれていました。今では考えられないですよね?

私は趣味の合う女子と趣味の話をしたことがなかったので、文通なら気後れせず話ができると思い、趣味の合いそうな人に文通希望の手紙を送りました。

何人かの人と文通をしていましたが、大体は途中から返事が来なくなり、数回のやり取りで終わってしまいました。

ただ、2、3人の方とは、高校生になってからも文通を続けていました。

私と私のペンフレンドとでそれぞれの友達を紹介したりして、少しずつ文通の和が広がっていきました。

可愛らしいレターセット

開くのが難しい便箋

時々、封を開けると、どうやって開くんだろうと、ちょっと考えてしまう複雑な畳み方をしている便箋がありました。

やっとの思いで破らないように便箋を開いて手紙を読んだ後、今度はどうやって元に戻せばいいのか分からず、折り目をたどりながら時間をかけて元に戻していました。

下の写真のシャツ型に折ってある便箋は、開くのは簡単でしたが、戻すのに苦労しました(^_^;)

同封されていたもの

私は河合奈保子さんが好きと相手に言っていたので、手紙と一緒に河合奈保子さんのシールやカードなどが送られてくることもありました。

たぶん私も相手が好きな芸能人のカードなどを同封していたと思います。

中には、私が初代タイガーマスクが好きだったので、大型のポスターを同封してくれる方もいました(ありがと~!)(^o^)v

封筒&便箋ギャラリー

比較的保存状態が良かった封筒と便箋の写真を撮ってみました。

下の写真の便せんは、「ひとみ」というマンガ(雑誌?)の付録についていたものだそうです。かわいいからあげる!と未使用の便箋が同封されていました。

まとめ

いかがでしたか?この記事を読まれている方の中で、私のように文通をした経験のある方はいらっしゃるでしょうか?

もしかしたら、私と文通していた方がいるかもしれませんね!

<次のページ>文通でやり取りしていた内容と文通相手と初めて会った時のこと

関連事項

懐かしTVとレトログッズ記事一覧

ブログトップページ

タイトルとURLをコピーしました