【衝撃】素顔のClariSライブ!セットリストや感想など~2022.8.11 LINE CUBE SHIBUYA~

アイドル

こんにちは、まちろです。

2022年8月11日のClariSライブに行ってきました。私にとってはこれが初のClariSライブ。場所はLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)。素顔の生ClariSを会場で終始見れるライブはこれが初ということもあって、死ぬほど興奮しましたーーー!

通常のライブとは違うコンセプト仕立てで、それはどんな様子だったのかレポします。

 

スポンサーリンク

【ClariS HALL CONCERT 2022】セットリスト・感想

会場の様子

8月11日は昼と夜の2公演あって、私が行ったのは昼。

12:00開場、13:00開演ということだったので、12時に会場に入って開演までゆっくりグッズを買ったりしようかな…なんて思っていたら、会場の外には長蛇の2列。1つは入場待ち、もう1つは物販。物販の列は、チケットがなくて商品だけ買いたいって人が並んでると思って、とりあえず入場したら、グッズを買うにはこの物販の列に並ばないといけないことが分かってショック!ここでペンライト買ってぶんぶん振り回そうと思ってたのに。でも、炎天下だったのでそのことが分かっていたとしても並びませんでした、たぶん。係員さんに聞いたら、グッズは終演後も買えるということだったので、グッズは後で買うことに。

1階席のフロアにはClariSののぼりが数本立っていて、皆さん列を作って写真撮影をしていました。

 

あと、LINEということで、こんな巨大ぬいぐるみが。

 

そうそう、入場時には各種告知のチラシを貰いました。

 

ライブの流れとセットリスト

ステージは中央上部にスクリーン、舞台上には五角形のパーテーションのようなモノが中央に一枚(大型)、左右に3つずつ(中型)というセッティング。

13時開演ということでしたが、そのちょっと前に「ようこそ~」みたいなClariSの天の声が。ライブはほぼ定刻にスタートしました。ただ、いきなりClariSが出てきて歌うというのではなくて、スクリーンにアニメのCGみたいなのが映り、ナレーションと共にドラマが始まります。ディズニーランドのアトラクションで「さあ、冒険が始まるよ!」みたいなイメージでしょうか。

ドラマのストーリーはこのライブのコンセプトになっていて、ざっくり言うと、天の川から遣わされたクララとカレンが地球上で一夜限りの冒険をするというもの。

この5分ぐらいのオープニングの後、ニューアルバム「Parfaitone」に収録されている「Twinkle Twinkle」のイントロが大音量で流れてきて、素顔のClariSが登場。先にセットリストを書いておきますね。

【2022.8.11 LINE CUBE SHIBUYA 昼の部 セットリスト】

(ストーリー1)

1.Twinkle Twinkle(6th album「Parfaitone」収録曲)

2.アリシア(21th single) 

3.CLICK(9th single) 

4.Fight!!(22th single)

5.新世界ビーナス(6th album「Parfaitone」収録曲) 

(ストーリー2)

6.瞳の中のローレライ(6th album「Parfaitone」収録曲) 

7.mermaid(6th album「Parfaitone」収録曲) 

8.Summer Delay(SUMMER TRACKS – 夏うた –

9.オルゴール(6th album「Parfaitone」収録曲) 

10.アワイオモイ(14th single「Gravity」c/w) 

11.ホログラム(4th album「Fairy Castle」収録曲)

(ストーリー3) 

12.Masquerade(25th single)

13.シニカル サスペンス(5th album「Fairy Party」収録曲)

14.アイデンティティ(6th album「Parfaitone」収録曲)

15.missing you(6th album「Parfaitone」収録曲) 

(ストーリー4)

16.ALIVE(24th single) 

17.コネクト(9th single) 

(ストーリー5)

18.Starry(23th single「ケアレス」c/w)

19.SHIORI(18th single) 

20.ケアレス(23th single)

21.reunion(7th single) 

(ストーリー6)

【アンコール】

22.ナイショの話(4th single) 

(MC)

23.PRECIOUS(「ClariS 10th Anniversary BEST – Green Star -」 収録曲) 

エンドロール曲 忘れてもいいよ(24th single「ALIVE」 c/w)

 

白(ベージュかも)をベースにした決してフリフリ過ぎないオシャレな衣装を着て出てきたClariSはまさに天使でした。

クララとカレンは声の感じが似ているので、これまで同じようなキャラの持ち主なんて思ってましたけど、1曲目の「Twinkle Twinkle」から、もう全然違う。クララはしなやか、カレンはキレッキレの元気玉。特にカレンのかかと落としのごとく高く足をけり上げる様は圧巻でした。全体的にバレエのような振付けが随所にみられ、そういったパフォーマンスではクララの良さが際立ち、ロック調の曲ではカレンのキレが目を引きます。

ライブはストーリーが始まるたびに暗転し、終わるとClariSのライブパフォーマンスという形が繰り返され、その度に衣装チェンジ。ストーリー2の後の衣装は、深海を思わせるようなダークブルー、ヒラヒラした質感で、両腕は振袖のよう。「mermaid」ではその衣装が一番映えていて、天女の羽衣みたいでした。

「瞳の中のローレライ」は先鋭的なロックということもあり、スタンドマイクで振りもつけずに歌唱(途中から動き出す)。その様子が超カッコよくて、新しいClariS始動!っていう感じ。

「オルゴール」の動きはちょっと変わっていて、二人が静かに離れたり近寄ったり、間奏ではゼンマイ仕掛けの人形がちょこちょこ歩くようなパフォーマンス。

ストーリー3の後の衣装は来月発売される「Masquerade」のPVで着ているもの(だと思う)で、なんと仮面をつけて登場し、そのまま「シニカルサスペンス」まで2曲を歌唱。

ストーリー4の後は「ALIVE」の衣装を身にまとい、ロック色を強調。ここでも二人の動きは違っていて、それぞれの個性がよく分かります。

reunion」でライブは一旦終了。ドラマもハッピーエンドでした。

 

1~2分後にアンコールスタート。二人は物販で売っているTシャツをちょっとアレンジしたような服で登場し、1曲歌った後、初のMC。ライブは劇中ドラマと連動していただけにMCを入れることが出来なかったんでしょうね。その分、ここでは長ーいMCでした。20分ぐらい。ここで話したことは、コロナ禍でなかなかライブが出来たかった悔しさと、その間もファンの方々に励ましをもらった感謝の気持ち、そしてグッズ紹介なんかもありました。

グッズで今回の目玉は素顔のクララとカレンが映っているトレカ。そこでこんなやりとりが。

クララ「初のブロマイド撮りました」

カレン「トレカだよー!」

 

加えて、お知らせも盛りだくさん。

  • 来月発売の「Masquerade」の告知
  • フジテレビCS放送にてClariS特番放送予定。内容はこれまでの歩み、このライブの模様・裏側密着など。放送日の告知はなし。
  • 12月16・17日にTOKYO DOME CITYにてライブ決定

冬のライブ告知の際、

クララ「9月の16日に…」

カレン「9月は雪降ってないよ~」

クララ「あれ?私、9月て言った?」

カレン「言ったよ…」

 

TOKYO DOME CITYのライブの一週間後はクリスマスだから曲増やしたいね!

なんて会話もあったので、もしかするとクリスマスソングみたいな新曲が出来るかもですね。

 

最後の曲の前に皆さんにお願い!ということで、客席を1/4に分け、ここからここまではグリーン、ピンクとペンライトの色指定をし、「PRECIOUS」スタート。

曲終わりに、ダンサーの2人(くまさん、ミッフィー)の紹介、クララ・カレンは手を繋いで皆様へのお礼、二人がはけた後、スクリーンにスタッフクレジットなどエンドロールが流れ、

今日は久しぶりに会えて嬉しかった!

待っててくれてありがとう♡

の文字でライブは終了。終演時刻15:30、約2時間半のライブでした。

  • くまさん:熊谷拓明(くまがいひろあき)
  • ミッフィー:御舩 康太(みふねこうた)

 

会場を出る時、ポストカードを貰いました。

 

終わりに

やっぱ顔出してやるのとそうでないのは、見る側としてもちょっとテンションが違います。仮面をつけてると「あなた誰?」って感じで、仮に他人がやってても分からないみたいな感覚があるからか分かりませんけど。まあ、二人とも可愛くて美しいので、これから顔出しのままやっていくんでしょうね。

今回のコンセプトは、てっきりパルフェトーンをイメージした街の喫茶店みたいなのかなと思ってましたが、もっと壮大な宇宙でした。こういったコンセプト仕立てのコンサートを見ていると、音楽のライブというより、ちょっとミュージカルというか歌を主体とした演劇を見てる感覚すらありました。

ただ、途中に入るストーリーは5分ぐらいあって、そこで歌で盛り上がったテンションが途切れて、ちょっと眠くなってくるので、もう少しテンポよくやるとか、今後工夫されて行くんじゃないかなと思います。

ちなみに、夜のセットリストも同じだったようで、それはコンセプト仕立てなので楽曲の入れ替えは難しいからかもしれません。でも、8月13日の神奈川でライブはアンコール曲が変わるかもですね。台風が心配ですが無事開催出来ますよう祈ってます。

総評としては、

他のアイドルのライブとは違うコンセプトがあって最高!

異次元空間を体験させてくれてありがとう。動くクラリスを見て、これまで二人は同じようなキャラと思っていたのが全然違うということが分かり、もっと好きになりました。行ってよかった。

楽曲もアニソン歌手という枠に囚われずにJ-POPアーティストとしての側面を出しながら今後やって行くと思うので、期待して応援していきます。ClariSという素晴らしいアーティストをたくさんの人に知って欲しいので、微力ですがこういった動画やブログでどんどん紹介していきたいと思っています。活動歴は10年越えてるけど、まだまだ若い、これからの進化が楽しみ。

 

ちなみに、終演後にグッズは買ったのかというと…

何も買えませんでしたー💦

館内のグッズ売り場に行ったら列を作っていて、どこまで続いてるんだろうと列を追って行ったら外まで並んでいて、その長さは入場時よりも長く終わりが見えない…

座って見たにも関わらず、全23曲の2時間半は、おっさんにはキツイ、疲労コンパイ。ということで諦めました。これまであれこれライブに行って、こういう物販の仕方は初めてだったので、ちょっと考えて欲しいと思ってしまいました。炎天下に並ぶのはちょっとマズイと思う…また行くので検討お願いします!

ということで、ClariS初ライブ参戦レポでした。

 

【追記】

8月13日の神奈川公演、無事開催されたようですね。セットリストは若干入れ替えあり。

2曲目 アリシア→シグナル

10曲目 アワイオモイ→Surely

13曲目 シニカルサスペンス→眠り姫

TOP
新着記事・人気記事 新着記事 人気記事 復刻アルバム情報 昭和ポップス ハードロック インフォメーション エンタメ情報 オー...