【Cocoon】モバイルフレンドリーでない件の解決方法~インディックスされないケース~

PC/スマホ

こんにちは、まちろです。

私のブログはCocoonを使ってます。今年(2022年)に入った辺りからGoogle Search Consoleに記事のインディックスリクエストをしても「このページはモバイルフレンドリーではありません」とのエラーメッセージが出て、インディックスされない状況に陥りました。

ググると対処法がたくさん出てきましたが、どれを見ても解決せず。それで自分なりに試行錯誤をした結果、今のところ100%インディックスされるようになったので、その情報を共有したいと思います。

ただ、インディックスされない理由は様々なので、以下の条件に合う方限定の解決法となります。それでも皆さんが100%解決できるとは言い難いですが、条件に合う方は試してみてください。

 

スポンサーリンク

【Cocoon】インディックスされない問題の解決方法と条件

解決策を実行するにあたっての条件

以下の全ての条件を満たす方が今回の対象となります。

  • これまで問題なかったのに最近インディックスされなくなった
  • サーチコンソールの「公開URLをテスト」を実行すると「このページはモバイルフレンドリーではありません」と表示される
  • 問題の詳細は「テキストが小さすぎて読めません」「クリック可能な要素同士が近すぎます」
  • モバイルメニューを使っている

 

インディックスされない問題の解決方法

やることは1つだけで簡単です。

モバイルメニューをはずす

 

 

以下でやり方を解説しますが、やり方が分かる方は解説を読まなくていいので、さっそくやってみてください。

  1. WordPressのダッシュボードを開く
  2. 「Cocoon設定」をクリック
  3. 「モバイル」をクリック
  4. 「モバイルメニュー」の「ボタンを表示しない」にチェックを入れる
  5. 画面を下にスクロールして「変更をまとめて保存」をクリック

 

これにより、インディックスリクエスト後、一週間経ってもインディックスされなかったのが、一日以内にインディックスされるようになりました。

もし、この対処法をする前に書いた記事を対処法を施したのちに再度「公開URLをテスト」にかけ、「URLはGoogleに登録できます/このページはモバイルフレンドリーです」となったにも関わらず一日過ぎてもインディックスされない場合は、URLを変更して再度インディックスリクエストしてみてください。

 

今回やってムダだったこと

今回、インディックスされない件について色々やってみました。でも、以下でやったことは全部意味がなく単なる時間のロスだったので、皆さんも同じ轍を踏まないよう書いておきます。

  • 画像を外す
  • 広告(手動・自動・関連)を外す
  • 見出しの設定など文章構造を変える
  • 記事の文字数を増やす(1000字以上とか)
  • インディックスリクエストをくり返す
  • ソースコードを書き換えるか悩む

 

今回、問題解決に至った経緯として、まずインディックスされない状況が自分だけなのかそうでないのか特定するために、ググったりSNSで騒いでないか調べてみました。

で、最近そういったことで騒いでる様子もなかったので、この不具合に遭遇してるのは自分も含めてきっとマイノリティで、直接の原因はGoogleやCocoonのアップデートのせいではないにしろ、テーマでCocoonを使っている場合、特定の条件に当てはまった時に不具合が出るんじゃないかと仮定。

文字が小さいところ、クリックの間隔が狭いところをしらみつぶしにあたるのと、Cocoonを使っている他のモバイルサイトを見て、デザイン以外で自分のサイトとどこが違うのか比べてみたところ、モバイルメニューを使ってるサイトがあんまりなかったので、たまたまこれを非表示にしてみたら問題が解決しました。この点については、今後のアップデートなどで解消されると思います。

cssといったソースコードの変更により対処する方法なんて記事もググると出てきますが、プログラムに関してよく分からない初心者の方は、かえっておかしなことになりかねないので、それはやらないほうが無難です。

 

Googleはユーザーの満足度を重要視していて、年々その傾向は高まっていると言えます。なので、インディックスされない原因は、自分の書いた記事がショボいせい?なんて思うかもしれませんね。

でも、私の書いてる記事なんてショボショボもいいところで、時にはアメブロみたいに見出しを使わない日記みたいな短い記事も書いてますが、それでもインディックスはされてます。ただ、検索上位に表示されないだけで。

なので、今回のインディックスされない件に関しては、記事の内容や文字数、見出しのあるなしといった文章構成に左右されたものでないことが分かります。

 

最後に

WordPressを使ったブログをやっていると、インディックスされないという不具合に時々遭遇します。そんな時は、いつもググって対処法を調べたり、自分で原因を仮定してアレコレやったりしますけど、結果的にその対処法はほぼ意味がなく、やってもやらなくても数日経てばインディックスされケースがほとんど。今回も一時的な不具合で、上記のようなことをやらなくても時間が経てばきっと解決すると思います。

ただ、書いた記事がGoogleにインディックスされないというのは、ファンがたくさんいるブログでもない限り死活問題ですよね。でも、インディックスされないことに囚われて肝心の記事が書けないなんてことになると本末転倒なので、自分なりにある程度調べて分からなければ、それについては放置して記事を書き続けるのが一番。

Googleにインディックスされなくても、ツイッター、フェイスブック、ピンタレスト、YouTubeなどを利用すれば書いた記事を告知できるので、インディックスされない期間はこういったSNSをより積極的に利用して、心平穏に過ごしましょう。

私も今後また何か不具合が出て対処法が見つかったら記事にしていきたいと思っています。

TOP
新着記事・人気記事 新着記事 人気記事 復刻アルバム情報 昭和ポップス ハードロック インフォメーション エンタメ情報 オー...