ケイブンシャ&コロタン文庫の大百科を久々に読んでみた!

私は小学生の頃、勉強が大嫌いで、特に本を読むことが嫌いでした。

夏休みの読書感想文はものすごく苦痛で、小5の夏休みの読書感想文は、小4の時に書いたものを少し直して出していたぐらい💦

そんな私でもよく読んだ本は、てれびくんやテレビマガジンといった男の子向け雑誌や、まことちゃん、ドラえもんといったマンガでした。

中でも、小さいながらも分厚くて内容がマニアックなケイブンシャの大百科、コロタン文庫の全百科が大好きでした。

今回は、ケイブンシャの大百科等の本が何冊か捨てられずに残っていたため、久しぶりにパラパラめくって、内容などを振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

これで博士になれる!?

この手の本は各社から似たようなものがたくさん出ていて、内容も幅広く、本屋さんで見かけると、とにかく欲しくなってしまう不思議な魔力がありました。

大百科の種類

ケイブンシャの大百科の最後のページに、その当時発売中だった大百科のリストが載っていたので、ざっと書き出しておきます。

  • 怪獣怪人
  • プロ野球
  • 世界の飛行機
  • ヤングタレント
  • 機関車&電車
  • 野球ルール教室
  • ヒーローロボット
  • 野生動物
  • 自動車
  • 特急&私鉄
  • 大相撲
  • 世界の帆船
  • 鉄道もの知り
  • 戦闘機
  • 特急&急行
  • 算数パズル
  • カメラ入門教室
  • 自動車もの知り
  • 手作りおもちゃ
  • 世界の鉄道
  • なぞなぞクイズ
  • 動物もの知り
  • テレビヒーロー
  • つり入門
  • レーシング
  • ウルトラマン
  • ピンク・レディー
  • 宇宙
  • 仮面ライダー
  • ラジコン
  • 宇宙戦艦ヤマト
  • さらば宇宙戦艦ヤマト
  • パズル&クイズ
  • 世界の謎
  • まんが家入門
  • 銀河鉄道999

こんな感じでした。人気の本は、「続」という言葉が頭について、シリーズ化されました。

70年代に小学生だった方は、どれか1冊は持っていたでしょうか?

大百科の内容

これらの本が発売された70年代は、現在のようにインターネット等で簡単に細かい情報を得ることが出来なかったため、こういった本が唯一のマニアックな情報源でした。

タレント系

残っていたタレントの本は、ケイブンシャとコロタン文庫。

どちらも、タレントの本名、生年月日、血液型、身長、体重、出身地、出身校、各音楽賞の受賞歴等が書かれています。

特に、タレントの本名には興味津々で、本名と全然違う場合はいちいち驚いていました!

  • 西城秀樹→木本龍雄(たつお)
  • 野口五郎→佐藤靖(やすし)
  • 研ナオコ→浅田なお子 etc

岩崎宏美、石野真子等、本名と同じタレントもいて、よく友達と、「〇〇の本名は何でしょう?」とクイズを出したりして遊んでいました。

どちらかというとケイブンシャの方がポップな作りになっていて、たわいもない問答などが載っています。

ヒーロー系

ウルトラマン・仮面ライダー・ロボットアニメ等の本には、ヒーローと怪人・怪獣のスペック・必殺技や簡単なストーリーが書かれています。

これらの本で目に留まったのは、自分の知らない昔の作品紹介(柔道賛歌、ウリクペン救助隊、ばくはつ五郎など)と、ヒーローの内部構造が書かれたメカニックな部分でした。

自分がマジンガーZなどの絵を描く時は、よく、このメカの部分を真似して描いていました。

まとめ

久しぶりに読んでみて、小学生の頃は当たり前に知っていたことをほとんど忘れているので、かえって新鮮でした。

時々「昭和40年男」という雑誌を買いますが、懐かしく思うと共に新たな発見・出会いがあります。

そういえば、「クイズ100人に聞きました」の本も2冊持ってたな…なんて色々思い出しました。

やっぱり精神的には、あの頃とあまり変わっていないのかもしれません(;^ω^)

★Amazon「よみがえるケイブンシャの大百科」紹介ページはこちら

関連事項

プロレスブームに大興奮!~タイガーマスク・UWFなど~

懐かしTVとレトログッズ関連記事一覧

ブログトップページ

Amazon.co.jpで商品情報をチェック
よみがえるケイブンシャの大百科
よみがえるケイブンシャの大百科
  • 黒沢 哲哉
  • 価格   ¥ 1,760
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック
タイトルとURLをコピーしました