【2021.7.31】本田美奈子54回目の誕生日特別開館の様子~本田美奈子.ミュージアム~

2021年7月31日、本田美奈子さんの54回目の誕生日ということで久々に朝霞市にある本田美奈子.ミュージアムが開館されました。昨年の11月を最後に緊急事態宣言等の影響により、幾度となく開館予定が中止となっていたため、今回の特別開館を心待ちにしていた方も多いと思います。

久々に開館された本田美奈子.ミュージアムはどんな様子だったのか、詳細にレポします。

スポンサーリンク

2021.7.31 本田美奈子54回目の誕生日特別開館の様子~本田美奈子.ミュージアム~

本田美奈子さんのお墓参り

本田美奈子.ミュージアムに行く前に、本田美奈子さんのお墓参りに行ってきました。本田美奈子さんのお墓は埼玉県朝霞市の広称寺(こうしょうじ)にあります。

本田美奈子さんのお墓はいつもたくさんのお花に囲まれていて、今日はお天気も良く、お誕生日ということもあってか、淡いピンク色の墓石がよりきらめいて見えました。

 

【本田美奈子.ミュージアム】展示について

本田美奈子.ミュージアムは2018年7月31日にプレオープンし、本日はその3周年記念日でもあります。敷地入り口左手のプレートは刷新され、だいぶ雰囲気が変わりました。

次回開館予定日の書かれた紙が貼られていましたが、途中で剥がしていたため次回は未定といったところでしょうか。9月はミュージアムがオープンした月、11月は本田美奈子さんの命日なので、開館できるよう祈るばかりです。

 

コロナ禍において、本田美奈子.ミュージアムは事前予約制となりました。現時点で埼玉県は、まん延防止等重点措置が実施されており、2日後には緊急事態宣言下に置かれるため、定員厳守、プレゼントや手紙の受け取り拒否、入場時の消毒・検温・予約メールのチェックと、入念な感染防止対策が取られていました。

 

2階は閉鎖され、2階に展示してあった一部のパネルは1階に展示されていました。

 

背後からの飛沫対策のためか、1階客席後ろにはボードが設置されていました。

 

ステージ中央にはゴールドの衣装。この衣装のスカートと両腕の部分が動いていたので衣装の中に何か仕掛けがあるのかと思いきや、正面の大型扇風機になびいてるだけでした…。でも、その動き方は非常に大きく不規則で、そのせいか透明な本田美奈子さんがこの衣装を着てパフォーマンスしているように見えました。

 

楽屋には見慣れない衣装ケースのようなモノがぶら下がっていて、その美しい柄が目を引きます。裏面には「minako」の文字。

 

3周年記念品もいくつか追加され、グッズ売り場は大盛況。グッズ売り場のすぐそばにメッセージを書き込むコーナーがありました。

 

【本田美奈子.ミュージアム】フィルムコンサートについて

今回の本田美奈子.ミュージアムで一番変化があったのが、このフィルムコンサート。これまでとは全く違った作りこまれた構成でした。流れは以下の通り。

  • ミュージアム紹介のスライドショー
  • スクールアミティエ講師と生徒による「今夜はビートにのれない」に合わせたダンスパフォーマンス映像
  • 本田美奈子さんのお母様よりビデオメッセージ
  • 株式会社ビーエムアイ 高杉社長よりビデオメッセージ
  • 「優しい世界」にのせたオフショットスライドショー&動画
  • 「1986年のマリリン」にのせたスライドショー&赤いへそ出しルックの歌唱映像
  • 「いのちをあげよう」にのせたスライドショー&舞台映像
  • 「オン・マイ・オウン~レ・ミゼラブルより~」の舞台映像
  • 「FRIENDS~クラウディアより~」の舞台映像
  • 本田美奈子の手記「笑顔」の朗読
  • 「ジュピター」ライブ映像
  • 「満月の夜に迎えに来て」PV

 

やはり一番目を引いたのは、しょっぱなのアミティエメンバーによるパフォーマンス。コロナ禍以前のフィルムコンサートでは、その前座としてアミティエメンバー【D4】によるパフォーマンスがあり、会場を盛り上げていました。今回は事前にミュージアムのステージ上でパフォーマンスしたものを録画した映像ではありましたが、中森明菜さんの歌う「Desire」の時のような着物ドレスといった雰囲気の衣装をまとい、激しく妖艶に踊るさまは、ぜひ生で見たいと強く思わせるものでした。ちなみにパフォーマーは全員女性でした。

「笑顔」の朗読は、事前録音したものか生でしゃべっているのか区別がつかない生々しさ。たぶん、アミティエ女性メンバーの方々が交代交代でしゃべっていたと思いますが、その思い、よく伝わってきました。

購入したグッズ

今回は3点買いました。

1つ目はバンダナ。約60㎝四方の大きさ。黒の他にカラーバリエーションとして赤もありました。

 

2つ目はステッカー。大小2枚入っていて、各12cm・6cm四方の大きさ。これも3色あり。倍ぐらい大きいサイズもありました。

 

最後は、この日のために用意されたTシャツ。胸にはかわいらしくもカッコいい本田美奈子さんがプリントされています。ちなみにこれはLサイズ。

これは観賞用がベストで、着ない方がいいやつかも。でも、美奈子さんはきっと

これ着てガンガン遊んでね!

って言いそうなので、いつか着ます…たぶん。

終わりに

久々にフィルムコンサートを見て思ったこと。それは、

歌手 本田美奈子の魅力はライブにあり!

自宅でCDを聴いて分かるのは彼女の半分の魅力。そのパフォーマンスを見て完全体。本田美奈子.ミュージアムのようなファンの集う会場で、互いに語らずとも感動を共有する空間で見たら、本田美奈子さんは目の前に現れます。

フィルムコンサートラストのライブ映像「ジュピター」では、ステージ中央に置かれたゴールドの衣装をまとっていて、歌唱に合わせてその衣装が揺れていました。先ほど扇風機の風で…なんて言いましたけど、この曲の時には衣装が意志を持ってパフォーマンスしていました。

久々に来た本田美奈子.ミュージアムは、ファン思いの新たな工夫が凝らされていて感動の嵐!次の予定は立てづらいと思いますが、開館予定がインフォメーションされ次第、また予約して本田美奈子さんに会いに行こうと思います。

本田美奈子
「本田美奈子」の記事一覧です。
TOP
新着記事・人気記事 新着記事 人気記事 復刻アルバム情報 昭和ポップス ハードロック インフォメーション エンタメ情報 ...