【マウスPCってどうよ?】Ryzen7搭載 X5-R7-KKを買ってみた

こんにちは、まちろです。

先月パソコンがぶっ壊れて、つい最近、マウスコンピュータのノートパソコンを買いました。マウスのパソコン買うのは今回が初めて。買った機種は、 AMDのCPU【Ryzen7】を搭載したX5-R7-KK。価格ドットコムモデルなので、おしりに【KK】というアルファベットがついてます。

Ryzen7、メモリ8GB、M.2のSSD512GBというスペックで、私が買った時(2021年5月末)の価格は、109,800円(税込)。メモリは16GBにしたので、プラス4,400円ですけど、このハイスペックでこの価格は安いですよね。

実際、使ってみましたが、何をやるにも高速で、動画編集の書き出しも、これまで私が使っていた東芝ダイナブックAZ67(Core i7・メモリ8GB)に比べて、体感上3倍弱ぐらいの速さ。

サポートは、365日24時間対応、修理は72時間以内に完了といったマウスならではの安心保証で、実際にサポートを使った方々の評価も上々。

コスパの高い製品を安心して使えるということで、X5-R7を狙っている方も多いと思いますが、スペックの仕様表だけでは分からないことなど、気づいた点を以下でお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

【マウスPC】X5-R7-KK レビュー

製品仕様の概要

はじめに製品仕様で主な部分を挙げておきます。

【X5-R7-KK 主な製品仕様】

  • Windows 10 Home 64bit
  • CPU:Ryzen™ 7 4800H
  • メモリ:8G
  • SSD:512GB(M.2 NVMe対応)
  • ディスプレイ:15.6型 フルHDノングレア
  • インターフェース:USB Type-A(2.0×1、3.0×2)、Type-C(3.0×1)、microSDスロット
  • 無線:Wi-Fi 6、Bluetooth 5
  • Webカメラ:100万画素(カメラ両脇にデュアルマイク付き)
  • バッテリー持続時間:18.5時間
  • DVDドライブ無し
  • Office無し

 

SSDの速度を図ってみたので、一応結果を載せておきます。

 

外観・使ってみた印象

まず、天板の赤が目を引きます。これはXシリーズでCPUにRyzenを搭載した共通仕様となっています。実際の色は、派手な赤ではなく、落ち着いたワインレッドといった印象です。

 

本体は薄目で、一番厚みのある後ろで計ると、1.6cmぐらい。全体的に裏面から上部の淵に向かって斜めにカットしてあるので、実寸以上の薄さを感じます。ただ、重さは1.49gと、めちゃくちゃ軽いって程ではありません。

 

左側面のインターフェースは、セキュリティスロット、LAN端子、USB2.0、USB 3.0、 ヘッドホン・ヘッドセット端子、microSD。

右面のインターフェースは、HDMI、Type-CのUSB3.0。個人的には、3.1が1つぐらい欲しかったなという印象。

 

背面と裏面には放熱用の網上の穴が開いています。それゆえに、重い作業をした時のファンの音は大き目に感じます。

 

キーボードはテンキーレス。文字のフォントは独特で大き目に印字されています。テンキーがない分、キー1つ1つの大きさに余裕があって打ちやすく、打った感じも軽快。

キーボードの下が光るバックライト付きですが、これは設定でオフにすることができます。キーボード部分に関しては、ちょっと安っぽい感じはします。

 

底面手前左右に小さなスピーカーがついています。

音に関しては、ネットの評価を見るとあまり良くなかったので、正直、期待していませんでしたが、個人的にはそこそこいい音だと思います。もちろん、ノートパソコンのスピーカーなので低音は出ませんが、音はこもらずクリアで、クッキリ聞こえます。左右の音の広がりも良く、ふわっと音に包み込まれる感じがします。だからと言って、音がとっ散らかってる印象はなくて、ボーカルとか本来空間の中央に集まる音は、きちんと中央に定位しているので、ガッツリ音楽鑑賞とかでなく、作業しながら音楽を聴くってい程度なら、必要十分じゃないかなって思います。

 

最後に、電源アダプターはデカイ&重い!

まとめ

X5-R7-KKは、申し分ないスペックですが、動画編集するならメモリは最低でも16GBに増設しておいた方がいいです。8GBだと4Kの動画編集なんかをする際に、プレビュー画面がカクついて作業困難になると思います。

SSDの容量はお好みでっていう感じですが、経験上、パソコンって何年か周期で壊れて買い替えることになるので、パソコン本体に大切なファイルを保存しておくのは危険。ということで、私は大切なファイルは外付けSSDなどに保存しているので、本体のSSDの容量は256GBでも良かったんですけど、今後のWindows 11へのアップデートなどに備えて、余裕を持たせる意味で512GBを選択しました。

あと、期間限定の情報ですが、2021年6月23日~7月7日まで、マウスホームページにて割引キャンペーンをやっていて、今X5-R7を買うなら、価格ドットコムモデルを買うよりも、安く買えます。しかもメモリーは標準で16GBになってます。

X5-R7はコスパが高く人気なので、私は注文してから届くまで1か月ぐらいかかりました。今はもうちょっと納期は短くなっていると思いますけど、現在の激安価格と納期のこともあるので、気になっているなら迷わずすぐ買わないと、きっと後悔することになると思うので、お早めに!

ということで、マウスのノートパソコン【X5-R7-KK】レビューでした。爆速パソコンでストレスのないパソコンライフを(*^-^*)

【おすすめ27インチPCモニター】DELL S2721H レビュー~コスパ最高潮!~
こんにちは、まちろです。 今回は、PCモニター初心者の方におすすめのDELLの27インチモニターS2721Hレビューです。 S2721Hは、2万円前後のフルHD低価格帯モデルでありながら、 薄型フレ...
TOP
新着記事・人気記事 新着記事 人気記事 復刻アルバム情報 昭和ポップス ハードロック インフォメーション エンタメ情報 ...