【レシピ】おいしい親子丼~鶏むね肉でも柔らかい仕上がり~

COOKING
記事内に広告が含まれています。

こんにちは、まちろです。

親子丼って結構適当にやっても出来ちゃう料理ですが、いつもよりワンランクアップした親子丼、作ってみたいと思いませんか?

鶏むね肉でも柔らかく、しっかりとタレがしみ込んだ親子丼

ひと手間加えるだけで、そんな親子丼が作れます。

ポイントは、鶏むね肉を茹でること。

スポンサーリンク

鶏むね肉の柔らか親子丼

材料と調味料(3人分)

(材料)

  • 鶏むね肉:300g
  • 玉ねぎ:180g(中1個程度)
  • 三つ葉:15g(なくても可)
  • 卵:6個

(調味料)

  • 酒:75ml
  • みりん:150ml
  • 出し汁:230ml(同量の水と小さじ1の顆粒だしでも可)
  • 醤油:90ml

調理手順

  1. 鶏むね肉の両面をフォークでブスブス刺してから食べやすい大きさにカット
  2. 沸騰したお湯にカットした鶏むね肉を入れ、表面が白くなったら取り出して、ざるで水気をよく切る
  3. みりんと酒を中火にかけ、湯気が出たら残りの調味料と2.の鶏むね肉を入れて5分煮る(煮汁は捨てないように!
  4. フライパンにくし切りした玉ねぎを敷き、3.の鶏むね肉と3.で使った煮汁300mlを入れ、玉ねぎが透明になるまで強火で煮る
  5. 卵を2回に分けて回し入れる。1回目の卵が薄い黄色になってきたら三つ葉を散らし、2回目の卵を投入。

調理の留意点

鶏むね肉をフォークで刺すのは筋切りをするのと調味料を染み込みやすくするため。包丁でトントン叩いてもかまいませんが、慣れないとうまく筋切りが出来なかったりするので、フォークのメッタ刺しがおすすめです。

鶏むね肉を表面が白くなる程度に茹でる(中まで火を通さなくてよい)と、肉の水分が保持されるので柔らかい仕上がりになります。茹ですぎると逆に水分が抜けて硬くなってしまうので、あくまでも表面が白くなる程度まで。熱湯に入れて30秒ぐらいを目安にしてください。

みりんと酒を先に入れて沸騰させるのはアルコールを抜くためですが、面倒くさかったら一辺に調味料と鶏肉を入れても構いません。

4.で入れる煮汁の量はお好みで増減して構いません。

最後の卵の加減はお好みの半熟具合でOK。

三つ葉はあったら入れるって感じで。なくてもいいんですけど、青物が入ると見栄えも良くなるので。ちなみに私が作る時は三つ葉がなかったので、たまたま冷蔵庫にあったパセリを散らしました。煮汁の甘辛さとパセリのほろ苦さのハーモニーが絶妙でした。

調理後記

今回の親子丼は、「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」を参考に何度か作ってみて、やってもやらなくてもあまり変わらない工程は省いたり、自分好みの味になるよう調味料の分量を変えたりと、自分なりにアレンジしたものです。

この番組のレシピはちょっとした工夫で普段作っている料理を数段ウマくするテクニックが詰まっているので、一通り目を通しておくと色々応用が利くと思います。

COOKING
「COOKING」の記事一覧です。
スポンサーリンク
このページをシェアする
まちろさんをフォローする
スポンサーリンク
まちろブログ