スイフトスポーツ ブログレビュー~強烈な加速!お前はランエボか!?<ZC33S>~

マニュアルのカッコいいスポーツカーに乗りたい!

そう思って色々探しているうちに、スズキのスイフトスポーツに辿り着いた方も多いのではないでしょうか。

新車の車両本体価格が200万円以下で、スポーツ走行のための機能やエアロパーツ・セミバケットスポーツシート等のスポーティーな装備がガッツリ標準でついてくるマニュアル車(以下、MT車)はスイフトスポーツ一択。

スイフトスポーツは、かつて日本の車は性能が良くて安いと言われた頃を思い出させてくれるような車です。

現在のスイフトスポーツは、2017年9月にフルモデルチェンジされたZC33Sという型式で、それまでのNA(自然吸気)からターボへ、ボディのワイド化による3ナンバーへ変更を遂げました。

私は、AT車とMT車をそれぞれ10年ぐらいずつ乗り、このスイフトスポーツが久々のMT車です。

納車してから2週間ほど経ち、街乗り、高速道路、峠などを走ってみて、スイフトスポーツの走行性能や乗り心地などを確かめてきました。

私の車の使い方は、サーキット走行はせず、街乗りメインで時々休日にドライブに行くといった感じですが、こういった使い方でもスイフトスポーツは満足できるのか、楽しいのか、何かデメリットはあるのかといったことについてレビューしたいと思います。

結論を先に言うと、

スイフトスポーツ(ZC33S)を買ったら幸せになります!

特に車の運転は面倒くさい、かったるい、車はあるけど出掛けるのが面倒でほとんど乗らないなんて人は、人生が楽しくきらめいて毎週末どこかへ出かけたくなること必至!

出掛けた先で美しい自然に触れたり、美味しいものを食べたり、新たな出会いがあったり…そんな幸せがあなたを待っています(*´▽`*)チョットオーバー

これからスイフトスポーツ(ZC33S)のレビューをしますが、スイフトスポーツに関しては既にブログやYOUTUBE等でたくさんアップされているので、なるべくそれらと被らないよう(きっと被りまくり💦)自分なりの視点で書けたら…と思いながら、ちょっと動画なんかも入れたりして書いてみました。

併せて、スイフトスポーツの試乗から納車までの様子なども色々書いておきますので、適当に飛ばしながら必要な部分を読んでみてください。

スイフトスポーツの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

スイフトスポーツの購入動機と購入まで(試乗・見積り・値引き・納期)

スイフトスポーツ購入の動機とMT車を選ぶ理由

スイフトスポーツの購入動機は、久しぶりにMTのスポーツカーに乗りたかったから。

昔は、200万円を切る、もしくは200万円台で買えるスポーツカーはたくさんありましたが、今は全体的に車の値段が高くなりましたね💦

色々ググってみたところ、200万円ぐらいで家族3~4人が乗れるMTスポーツカーは、スイフトスポーツだけでした。

これまで何台か車を乗り継いで来ましたが、その中でスポーツカーと呼べるのは、ホンダ プレリュード(H22A)と三菱 ランサーエボリューションⅥ。

初めて乗った車は実家にあった日産サニーのAT車で、MT車は教習所でしか運転したことがなくて怖いので、プレリュードを買う時はAT車にする予定でした。

でも、結局買ったのはMT車。

なんでかというと、ディーラーに試乗に行った時にたまたまMT車しかなくて、おっかなビックリプレリュードのMT車を試乗してみたところ、F1マシーンのようなサウンドを奏でながらメチャ速の車を操縦することに感動したから。

特にH22Aプレリュードは、2.2ℓDOHC VTECというエンジンを積んでいて、5500回転あたりからカムが切り替わり、異次元の加速とサウンドを体感できるようになっていて、高回転をキープしながら走ることがプレリュードの真骨頂でした。

これがAT車だと勝手にシフトアップしてしまい、高回転をキープしながら運転することが出来なかったというのもMT車を選んだ理由の一つです。

それからは、スポーツカーを買う時はMT一択となりました。

現在のスポーツカーは、AT車でもMT車のようにトルクバンド(加速を生み出す力が持続する回転域)をうまくキープしながらシフトチェンジしていくと思いますが、やはり自分の意のままに車をコントロールしているという感覚はMT車でしか味わえない醍醐味でしょう。

スイフトスポーツの試乗について

とりあえず試乗してみたいと思って試乗車があるお店をググってみたところ、スイフトスポーツのMT試乗車があるディーラーはほとんどなく、ようやく近隣に1店舗だけ見つけました。

でも、実際に行ってみると試乗車はないと言われ…

こんなこともあるので、試乗する際は事前にディーラーに電話して確認してみてくださいね。

先程のお店ですが、試乗車はないけどそのお店の店長さんが乗ってる車が現行のスイフトスポーツMT車で、これで良かったらということで無事試乗することが出来ました。

車の感想はまとめて後述します。

ディーラー選び

スズキの車を扱っているディーラーは、自分が調べた範囲だと通常よく街で見かけるディーラーと自動車の整備工場がスズキの自動車販売を委託されているお店の2タイプがありました。

見積もりを両方で取ったところ、委託販売を受けているお店の方がスイフトスポーツの値引きも現在乗っている車の下取り価格もそれぞれ数万円ほど高かったです。

委託販売を受けているお店の店長さんも、通常のスズキのディーラーに対抗できるように値引きが出来るよう補助を受けていると言っていました。

地域やお店にもよりけりだと思いますが、価格で決めるならこういったタイプのお店がお得かもしれません。

でも、このお店の店長さんは、ディーラーの営業マンと比べるとスイフトスポーツの商品知識に欠けていて、分からないことを聞いても納得いく答えを聞くことが出来なかったので、私の場合は通常のディーラーを選びました。

こういったディーラー選びについては、地域や出会った営業マンによって人それぞれ全く違うと思うので、一つの参考程度まで。

スイフトスポーツの見積もり・値引き

スイフトスポーツの値引き前の見積もりは以下の通り(1,000円未満は四捨五入)です。

  • 本体価格    1,870,000円
  • オプション代     48,000円
  • 諸費用              253,000円
  • 消費税(10%)   158,000円

合計 2,329,000円

オプションでお願いしたのは、ドアバイザー、フロアマット、フューエルリッドカバー、USBソケット。

フューエルリッドカバーとは、ガソリンタンクの蓋でこんなやつです。

コンパクトカーゆえにちょっと可愛らしい感じもするので、外観にノーマルとは違うアクセントが欲しくなって、フューエルリッドカバーを付けました。

ドアバイザー(前後左右4枚セット)は特に違和感なく車両本体に馴染んでいると思います。

フロントドアバイザーには薄くSWIFTの文字がプリントされています。

USBソケットは結局のところ不要でしたが、これは購入直前の交渉でタダでもらったので良しとしてます💦

さて、値引きですが、初めにディーラー側が提示したのは以下の通り。

  • 本体値引き    8万円
  • 車の下取り    7万円
  • オプション値引き 3万円
  • 消費税は8%のまま

ディーラーに行ったのは2019年9月30日で、翌日から消費税10%になるタイミングでした。

この新税率は車が陸運局で登録されナンバーを取得した日に適用されるので、いずれにしろ消費税は10%での購入となるはずでしたが、ディーラーが差額の2%分を持つということで8%の消費税額を提示されました。

車の下取り価格は、10年前に購入したマツダ プレマシーなので、こんなもんかなと納得。

このディーラーが提示した値引き後の総額は、1,940,000円でした。

ここから値引き交渉をして、最終的には、1,892,900円となりました。

何日もかけて値引き交渉するのが面倒だったので1度しか値引き交渉しませんでしたが、粘ればもう少しイケたかもしれません。

スイフトスポーツの納期と納車日

初めから納車までには少し時間がかかるとディーラーから言われていました。

大体2か月ぐらいとのこと。

9月30日に契約して、実際の納車日は12月8日だったので、2か月ちょい。

納期は契約する時期やタイミングによって違うと思いますが、私の場合はこんな感じでした。

スイフトスポーツの外観・内装レビュー

スイフトスポーツの外観レビュー

ボディーカラー

ボディカラーは、イエロー、レッド、ブルー、シルバー、ホワイト、ブラックの6色。

その内、レッド、ホワイト、シルバーは特別塗装で他のカラーより金額が上乗せになります。

私は、スイフトスポーツのイメージカラーであるチャンピオンシップイエローを選択しました。

今まで車の色は、ガンメタ、ブルー、レッドしか選んだことがなくて、初めはイエローというカラーを選択することにちょっと戸惑いました。

でも、このスイフトスポーツにはイエローがとっても合っている気がして、思い切ってイエローに。

実際の色は、カタログで見る色よりも少し淡い感じでミントイエロー?みたいな雰囲気です。

あと、お店の人も言っていましたが、イエローは虫に好まれる(虫の習性らしい)ようで、他のカラーよりも虫が寄って来やすいとのことでした。

納車してからしばらく観察していましたが、確かに小さい虫がついています。

ただ、そんなに沢山付いている訳でもなく、イエローだから虫の付きがちょっと目立つかな…ぐらいな感じです。

エアロパーツとタイヤ

通常、気に入った車をスポーティーにドレスアップしようとすると諸々併せて数十万円ぐらいかかってしまいますが、そういったパーツはスイフトスポーツに標準装備されています。

主な部分では、フロント・サイド・リアのアンダースポイラー、アルミホイール、デュアルマフラー。

ベース車よりも張り出したフロントフェンダーや大きな開口部はインパクト大。

フロントフェンダー拡大による3ナンバー化は、デザインの為というよりも、サスペンションのロアアームを延長するための空間作り。

これによって高い横Gに対応できるようになっています。

マフラーはデュアルタイプで低音の効いた排気音となるよう意図的にチューニングされています。

各アンダースポイラーはカーボンのように見えますが、カタログにはカーボンという記載はありません。

タイヤは、コンチネンタル製の195/45R 17。

アルミホイールのデザインはそれぞれの好みと思いますが、この台形型に空いたデザインは個性的で個人的には気に入っています。

ヘッドライト・フォグランプ・ドアミラー

フロントフォグランプとリアフォグランプ(後部ナンバープレートの下)は標準装備です。

住んでいる地域によってフォグランプの使用頻度は異なると思いますが、特にリアフォグは降雪地方でもない限り、ほとんど使用する機会はないのかなと思います。

ヘッドライトはオートモードが標準装備されており、暗くなると自動で点灯します。

トンネルに出入り時に自動点灯・消灯するタイミングも早いので、あえてヘッドライトを手動でオンオフする必要はないと思います。

ヘッドライトにはLEDが使用されていて、これまで私が乗っていた車と比べると段違いの感動的な明るさ(*´▽`*)

ドアミラーはドアミラーと同色、エンジンのオンオフで自動で開閉します。

スイフトスポーツの内装レビュー

スポーツカーを意識させるブラック&レッドの演出

内装でまず目に飛び込んでくるのは、美しい黒と赤のコントラスト。

黒をベースとした車内に、赤いステッチ、赤いパネルが目をひきます。

この色の組み合わせは、昔からスポーツカーインテリアの王道ですが、インパネ、シート、シフト、ハンドル部分にそういった計らいがなされています。

運転しているときに見えるのは車のデザインではなく、常にインパネなので、個人的にはスポーツカーに乗ってる!という感覚は、車自体のデザインよりもこういったインパネ部分のほうが重要だと感じています。

ランサーエボリューションⅥに乗っていた時は、インパネ周りがベース車のランサーとほぼ同じで座高も高く、イマイチスポーツカーに乗っているという感覚は希薄でした。

ハンドル

ハンドルは下部がフラットになっていて、この部分は本革はなくツルっとしたピアノブラックで仕上げられています。

ハンドル左にはオーディオコントロール。

右にはクルーズコントロールスイッチ。

今回、ナビゲーションは純正でないケンウッド製のものをオートバックスにて取り付けてもらいましたが、2000円ぐらいのパーツを購入することでハンドル左のオーディオコントロールにリンクさせることが出来ました。

ちなみにナビゲーションパネルは、7インチと8インチのどちらにも対応しています。

クルーズコントロールは標準で搭載されています。

セーフティパッケージ装着車だと、前方の車との車間を取りながら速度調整するアクティブクルーズコントロールになります。

クルーズコントロールが効くのは、速度が40㎞以上。

以前、プレリュードに乗っていた時もクルーズコントロールはついていましたが、使うのは物珍しい初めの頃のみだったので、今回もあんまり使わないかも…

ハンドル周りで気になったのは、ハンドルやシートの高さによっては左右のメーターの一部がハンドルに重なって若干見づらいこと。

タコメーターとスピードメーターを中央付近に置かず、左右に大きく振ったことが原因だと思いますが、走行中の大きな支障になるレベルでは全くないので、メーターのデザイン重視ということでOK!

メーター

メーターは、左がタコメーター、右がスピードメーター、中央は表示を色々変えることが出来るインフォメーションディスプレイ。

特にメーター部はスポーツカーを意識させるデザインになっています。

タコメーターの背景はレッド、スピードメーターの背景はダークシルバーという配色、両メーター共に垂直メーター(0が6時の位置)で、針が真下から上昇していく様を眺めるのもスポーツカーファンにとっては嬉しい演出。

スピードメーターは、最高速260㎞まで刻まれています(もちろんそこまで出ません)。

インフォメーションディスプレイは、それほどいじらなくなると思いますが、スポーツカー好きなら、トルク、ブースト、モーション(走行G)辺りで落ち着くのではないでしょうか。

ペダル

クラッチ、ブレーキ、アクセルペダルにはステンレスプレートが装着されており、見た目のスポーティー感があると同時にヒール&トゥもしやすいペダル間隔になっています。

スポーツシートと室内空間

フロントはSWIFT専用のセミバケットシートで、前後上下の位置調節が可能です。

見た目ほど圧迫感はなく、腰から脇にかけてしっかり支えてくれるので、コーナーでも運転姿勢がズレません。

座り心地は非常にいいです。

ただ、個人的にはレカロシートの方がより体を自然に包み込んでくれて腰の負担が軽減されるので、レカロシートにして欲しかったなと思います。

ZC33Sでレカロシートを採用せず、オリジナルのスポーツシートにしたのは、より軽量化するためらしいので、それはそれで正解かもしれません。

運転席側には座面を温めるシートヒーター(スイッチはサイドブレーキ脇)が標準装備されています。

後部座席を含めて、室内空間は広い方だと思います。

頭上や足元にも余裕があり、狭っ苦しさは感じません。

後部座席のドアノブは、ちょっと変わっていて、窓の脇についています。

これに関しては、通常のドアノブの方が使いやすいかな…

トランクは車のサイズなりの大きさは確保。

フラットにはなりませんが、後部座席は片面ずつ前に倒すことが出来るので、大荷物の時は重宝すると思います。

今の車の多くはそうみたいですが、スペアタイヤは収納されておらず、パンクの修理キットとジャッキといった工具のみ。

今はパンクしても自分で交換せず、保険会社に対応してもらうケースが多いからなんでしょうね。

シフト

シフトは6速で、バックギアは6速の真横。

バックギアに入れる時は、シフトノブ下のリングを持ち上げてシフトを操作します。

慣れないとちょっと戸惑って6速に入れちゃうかもしれませんが、すぐ慣れます。

スイフトスポーツ(ZC33S)のバックギアの入れ方

バックギアに入れてもピーピーと音は鳴りません。

ただ、ナビと連動した機器で音楽を流していると音楽が小音量になります。

ギアの感覚については後述します。

キー(鍵)の仕様と使い方

キーは標準で2つ付いてきます。

キーは電波式で、キーを差し込むことなくドアの開閉、エンジンのスタートが出来るタイプになっています。

エンジンは、ブレーキとクラッチを同時に踏みながらエンジンスタート(ストップ)ボタンを押すと始動します。

エンジンを切る時は、単にエンジンスタート(ストップ)ボタンを押すだけです。

エンジンをスタートさせないで車の電源だけオンにしたい場合は、クラッチやブレーキを踏まずにエンジンスタートボタンを押します(1回押しでオーディオアクセサリー電源、2回押しで全電源オン)。

電波式のキーは、赤で囲った部分を外に押しながら上部の穴の開いた銀色の部分を引き上げると従来の鍵が出てきます。

もしキーの電池切れになってドアを開けることが出来なくなった時は、このキーを運転席側にある鍵穴に挿すことによってドアの開閉をすることが出来ます。

エンジンをかけるには、そもそも鍵穴がないので鍵を挿してエンジンをスタートさせることは出来ませんが、エンジンスタートストップボタン部はキーボックスに残っている微弱な電波を拾うことが出来る仕様になっており、キーボックスをスタータボタンにグッと押し当てるとエンジンがスタートするようになっています。

盗難防止機能

イモビライザー、セキュリティアラームシステムといった盗難防止機能も標準装備されています。

ディーラーでセキュリティアラームシステムはどんな音がするのかやってみせてもらったところ、ハザードランプが点滅し、クラクションが大音量で断続的に鳴り響きました。

スイフトスポーツの走行性能レビュー

エンジンスペックは以下の通り。

<型式> K14C型

<種類・弁機構> 水冷4サイクル直列4気筒直噴ターボ DOHC16バルブVVT

<内径・形径 (mm)> 73.0×81.9

<総排気量 (L)> 1.371

<圧縮比> 9.9

<燃料供給装置> EPI (電子制御燃料噴射装置)

<最高出力 (kW/rpm)ネット> 103 (140PS) / 5500

<最大トルク(N.m/rpm)ネット> 230 (23.4kg.m) / 2,500-3,500

<燃料タンク (L)> 37

<使用燃料> 無鉛プレミアムガソリン

加速性能と燃費

まず加速性能ですが、スイフトスポーツの加速は強烈!

スペック上では最高出力140馬力となっていますが、きっともうちょいパワーは出ていると思います。

えっ、ウソー!って思われるかもしれませんが、体感加速は私が以前乗っていたランサーエボリューションⅥのそれに近いです。

スイフトスポーツは140馬力、ランサーエボリューションⅥは280馬力と、そのパワーの差は2倍ありますが、車重はスイフトスポーツは970kg、ランサーエボリューションは1360kgと約400kgの差。

この車重の違いによって、ランサーエボリューションⅥは前方から強い力で引っ張られているような感じ、スイフトスポーツは後ろから強い力で叩き飛ばされるような感じ…そんな印象を持ちました。

軽量ボディがエンジンの特性と相まって高い瞬発力を生むため、そう感じるのかもしれません。

スイフトスポーツのトルクバンドは2,500~3,500回転ですが、実際に乗ってみると1,700回転ぐらいから猛烈に加速して行きます。

レブリミット(レッドゾーン)は6,300回転からで、大体5,500回転ぐらいでパワーの頭打ちを感じます。

こんな感じでかなり低回転から全くタイムラグなく加速するので、街乗りでも十分車のスポーティーさを感じることが出来ます。

強烈な加速と共に高鳴るエンジン音も秀逸。

カタログには低音を効かせたとありますが、野太い音というよりは低音の芯を効かせたNA(自然吸気エンジン)に近い音のような印象を持ちました。

個人的にはこのサウンドが気持ち良くて堪りません!

かなり分かりづらいと思いますが、ちょーっとだけ動画で撮ってみました。

スイフトスポーツ(ZC33S)の音

燃費はカタログスペックではリッター辺り16.4km。

インフォメーションメーションディスプレイに表示される燃費計を信じるなら、カタログスペックにかなり近い数値が出ています。

高速道路と峠をドライブした時、結構回しましたにもかかわらず、平均燃費は15km程度ありました。

街乗りメインで走っている時は、大体13kmぐらい。

ガソリンタンクが小さいこととハイオクということを考えると嬉しい燃費消費率です。

私がこれまで乗っていた車はカタログ値と実際の値が違い過ぎて、詐欺じゃね💦なんて思ったことも…

燃費の表記に関しては、かつて色々問題になったので、今ではそれ程差がないようになっているんでしょうかどうでしょうか(´・ω・`)

ハンドリング・シフト・クラッチ

ハンドリングはクイック気味です。

カミソリのようなハンドリングと言われた初代インテグラTYPE R程のクイックさではありませんが、ハンドルを切った時の実際の舵角と自分の意図した舵角の誤差を感じさせない精度があります。

クラッチは特別軽いわけでも重いわけでもなく、スポーツモデルとしては標準的な重さだと思います。

そういえば昔、シビックSiR(たぶんEK4)のMT車をちょっと運転したことがありますが、この車のクラッチはメッチャ軽かった記憶があります(*´▽`*)

スイフトスポーツのシフトはちょっとクセを感じます。

1速→2速の入りはやや硬め、2速→3速はゲートに引っかかる感じがします。

試乗や友達の車含め、これまで色々なMT車を運転してみましたが、あんまりこういった感覚はなく、直近で試乗したマツダ ロードスターでも同様だったので、やはりスイフトスポーツ独特のシフトフィールでしょう。

ただ、シフトフィールはほぼ慣れで解消するので、特段気にする必要はないです。

あと、シフトの入りが「カチッ」というよりは「モクッ」という感じで、この辺りはもうちょっとダイレクト感が欲しいなと思いました。

乗り心地・走行安定性・遮音性

スイフトスポーツの乗り味を一言でいうなら硬め。

久々にこういう感覚を味わいました。

今まで乗ってきた中ではランサーエボリューションⅥに近い感覚ですが、スイフトスポーツはそれよりは優しい感じがします。

何と言うかガクンと衝撃がきたらすぐにそれを収束してくれるというか…そんな感じです。

走行安定性は非常に高く、低速でも高速でもその安定性は変わりません。

高速道路を運転している時に結構な横風が吹いていましたが、全く不安を感じさせない安定感がありました。

ビシッとタイヤが路面に吸い付いているようなこの安定感は、ちょっと速度が乗ったままコーナーに侵入しても変わらず、ロール(車体の沈み込み)ほとんど感じさせないその感覚は、まるでレールの上を走るジェットコースターのよう。

スイフトスポーツの遮音性ですが、これはいい方だと思います。

ランサーエボリューションⅥに乗っていた時は、いい感じのスピーカーやオーディオを付けていましたが、ロードノイズがうるさくてせっかくの高音質システムも台無し(;^ω^)

スイフトスポーツは、スポーティーカーというよりはスポーツカーの部類に入ると思うので、やっぱりロードノイズは凄いんだろうなって思っていましたが、それほど酷くもなく、ちゃんと音楽を楽しめます。

まとめ

スイフトスポーツは、バリバリのスポーツカーのように特定のシーンでしかその能力を発揮できないという車ではなく、日常生活を視野に入れたオールラウンドで楽しめるチューニングになっています。

スポーツカー買っても街乗りだと楽しめないしな…なんて思っている方はスイフトスポーツに試乗してみてください!

きっと考えが変わると思います。

諸費用を抑えたいなら、新車でなくてもカーリースや中古車という手段もあり。

ガリバー等で現在の中古車平均価格、カーリースならテレビCMで有名なカルモくんなどで新車購入との総額の違いをチェックしてみてください。

さらにスイフトスポーツをお得にゲットしたいなら、ガリバーフリマ(車のフリーマーケット)も要チェック。

車の個人売買って、価格的にはきっとお得だろうけど、

色々心配💦

ガリバーフリマは、車を売る側も買う側もガリバーを通して申込み、買う時はきちんと店舗で車をチェックしてからの受け渡し

さらに、90日間の保証と14日間の返品保証サービスもついていて安心です。

返品保証については、車に関する何らかの不備があったという理由だけでなく、購入後、急に車が不要になったなんて個人的な理由でも返品を受け付けてくれます

私がガリバーフリマを覗いた時は、新旧スイスポが何台かあったので、気になったらチェックだけでもしてみてください。

というわけで、あなたの背中をポーンと押せたでしょうか?

迷わず買えよ買えば分かるさ!って感じでこの記事を締めたいと思います。

お付き合いありがとうございました<m(__)m>

 

【追記】2020.5.31

6か月点検でディーラーに行ったところ、スイスポのカタログが変わっていました。

開いてみると、新色が3種類ラインナップされていました。

ルーフがブラックというツートンカラーで、オレンジが強烈ですね!

Amazon Music FREEとは?|実際に使ってみた感想【無料ストリーミング】
2020年5月14日、Amazonが無料の音楽ストリーミングサービスAmazon Music FREE(アマゾンミュージックフリー)を開始したとのニュースが流れました。 本当に全部無料なの? どんなこ...
TOP
<インフォメーション>:2020年7月12日更新 【日テレ】7月13日(月)2:05~「メグたんって魔法使えるの?」再放送 【期間限定】完全ワイヤレスイヤホン AVIOT TE-D01gが6/1~7/31の期間、...