70年代のスーパーカーブーム~こんなもの買いました~

昭和カルチャー全般

1970年代に漫画「サーキットの狼」をきっかけに爆発的なスーパーカーブームが訪れました。

当時、小学生だった私は、その戦闘力や特撮ものに出てくるようなカッコいいデザインに魅せられ、スーパーカーにドハマり!

スーパーカーを見たくて、よく自宅の近所の県道の陸橋にカメラを持って居座っていましたけど、一度もスーパーカーを見たことなし。いつかは本物のスーパーカーをいつかは見たいという気持ちを胸に抱きながら、手に届く範囲の関連グッズを集めていました。

ここでは、当時、どんなスーパーカーグッズを買ったのか紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

私の購入したスーパーカー関連商品

スーパーカーのレコード

真ん中にあるレコード「あこがれのスーパーカー」って、皆さん覚えていますか?

スーパーカーブームの時にテレビ東京でやっていた番組「対決!スーパーカークイズ」のテーマ曲で、現在は「笑点」で座布団を運んでいる山田隆夫さんが司会をされていました。

スーパーカ~ スーパーカ~…🎶

こんなフレーズが耳から離れない印象的な曲でした。

 

他の2枚のレコードはスーパーカーの音のレコード。ポルシェのレコードは、エンジン音、走行音の他に、ドアの開閉音、サイドレバーの音、ウィンドウ開閉音など、かなりマニアックな内容です。

ランボルギーニのレコードは全てエンジン音と走行音ですが、車はカウンタックだけでなく、ミウラ、ウラッコ、ハラマ、シルエット等の車種がラインナップされています。

 

カード型のスーパーカー写真集

この手のカード型写真集はたくさん持っていましたが、残っているのはこの2冊だけ。

写真を見ていて当時好きだったのは、たぶん、ランボルギーニ・カウンタック、マセラティ・ボーラ、デトマソ・パンテーラ、ランチャ・ストラトス辺りだったかな。

 

スーパーカー消しゴム

スーパーカーブーム世代の方は、きっと持ってましたよね。私は友達とよくノック式ボールペンを使って、スーパーカー消しゴムを飛ばしてレースをしていました。

久しぶりに家にあるボールペンでやってみましたが、やっぱりBOXYの方がやりやすいですね。

 

ラジコン

現在は手元にありませんが、レーシングカーのポルシェ935のラジコンを持っていました。

その後は、F1フェラーリのラジコンを組み立て、タイヤをサンドウィッチタイヤに変えたりして、ライトチューン。たぶん、ニキラウダが乗っていたタイプだったと思います。ニキラウダといえば、アニメの「グランプリの鷹」も大好きで見てました。このアニメでは、ニックラムダと言ってましたね。

F1~F3までパーツを付け替えて変形できる「グランプリの鷹」の超合金も持っていましたが、知らない内に親に処分されて…

 

終わりに

その他、筆箱や鉛筆等の文具や王冠などスーパーカー図柄のモノが色々あったと思いますが、思い出せるのはこのぐらい。

大人になってから、ホンダのプレリュード、三菱のランサーエボリューション等に乗ったり、毎回のように東京モーターショーに行ったりして、かつてのスーパーカー熱を消化していました。今ではこういった車好きの人にとっては寂しい世の中になりましたね…

ゆうひが丘の総理大臣| ポエム(詩)・曲・キャスト等を振り返って
ラグビー部を舞台にした「われら青春」から始まった中村雅俊さんの青春ドラマ。 特に1975年(昭和50年)に放送された「俺たちの旅」と1978年(昭和53年)に放送された「ゆうひが丘の総理大臣」は再放送回数も多かったので、昭和世...
TOP
新着記事・人気記事 新着記事 人気記事 復刻アルバム情報 昭和ポップス ハードロック インフォメーション エンタメ情報 オー...