「あまちゃん」と「学問ノススメ」~渡辺えりの名演に感激~

平成・令和カルチャー全般
記事内に広告が含まれています。

”のん”の「あまちゃん」。いや、能年玲奈の「あまちゃん」。放送当時の2013年は物凄く話題になってましたね。

今、NHK BSで再放送やってますが見てますか?私は初めて見ました。当時は朝ドラ見る習慣がなかったし、話題になってるからと言って途中から見てもきっと何だか分からないから、気になりながらも見てませんでした。

しかし、「あまちゃん」って超絶面白い番組ですね。かつてアイドルになりたかった天野夏子(小泉今日子)、今アイドルになりたい天野アキ(能年玲奈)、天野夏子と因縁のある鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)。80年代アイドルと今のアイドルの奮闘記に加えて、舞台となる北三陸の人情物語、そして2011年の震災復興。ドラマの中にはこれでもかというぐらい色々な要素が詰め込まれていて、当時見てたら毎日「次回はどんな展開になるのかな~」なんて興奮してたと思います。

私は昭和世代なので、薬師丸ひろ子さんと尾美としのりさんが共演してるのも感慨深くて。「翔んだカップル」の時の思い出話なんかも撮影の合間にしたのかな~なんて思ったり。

 

ドラマの中でも面白いのが、ところどころに色んな番組のパロディーみたいなのが入ってるところ。AKB48のパロディーなんかは一番分かりやすいですけど、私が思わず大爆笑してしまったのが海女さん役で出演している渡辺えりさんのこんなシーン。

震災からの復興に向けて商工会議所みたいなところでみんなで議論していて、進行役の人がホワイトボードに書いた文字を消そうとした時、渡辺えりさんが、

あーーーー、まだ書き写してません!

これって!!!!!

そう、1984年にTBSで放送されたビートたけし主演ドラマ「学問ノススメ」のワンシーン。当時、渡辺えりさんは30歳ぐらい?にも関わらず、中学生役で出てました。で、先生が黒板を消し始めると、必ず渡辺えりさんはこのセリフを叫びます。あまちゃんの時の10倍ぐらいのテンションで。こんなマニアックなパロディやるなんて、あまちゃんの監督スゴ!

 

「学問ノススメ」はアドリブかましまくりの大爆笑ドラマで、当時録画したのを今でも時々見ては笑ってストレス発散してます。でも、特典映像付きでそろそろブルーレイになって再販してくれないかな~。絶対買う!!ちなみに「学問ノススメ」については、前にあらすじや爆笑ポイントなんかを別記事に書いておいたので、時間があったらどうぞ。

朝ドラというと、私が見てたのは「雲のじゅうたん」(主演:浅茅陽子)、「マー姉ちゃん」(主演:熊谷真実)、「はね駒」(主演:斉藤由貴)ぐらいだったんですが、あらたな記憶として「あまちゃん」はきっちり刻み込まれました。

ビートたけしの「学問ノススメ」~おすすめ!80年代爆笑ドラマ~
70~80年代には、たくさんの学園ドラマがありました。ゆうひが丘の総理大臣、熱中時代、金八先生、サンキュー先生、スクールウォーズ、うちの子にかぎってなどなど。教師役を演じる役者さんは個性的で憧れの的。 しかし、唯一あこがれの対象とならない(...
スポンサーリンク
このページをシェアする
まちろさんをフォローする
スポンサーリンク
まちろブログ