EUROPE「Walk The Earth」レビュー~おすすめ!ハードロック名盤~

2017年10月20日、EUROPE(ヨーロッパ)の「Walk The Earth」がリリースされました。

ヨーロッパが再結成し、その第1弾として2004年にリリースされた「START FROM THE DARK」から、今作で6作目となりますが、これまでのアルバムとサウンドアプローチが異なっています。

ジョン・ノーラムのギターリフや、あえて選択したオールドなサウンドから、ロニー・ジェイムス・ディオが在籍していた頃のレインボーを彷彿させます

スポンサーリンク

EUROPE「Walk The Earth」のサウンド

再結成後のEUROPEサウンド

ヨーロッパが再結成し、その第1弾のアルバムとしてリリースされた「START FROM THE DARK」は、大ヒットした「The Final Countdown」を否定するように、シンセサイザーの煌びやかな音は全くなく、ゴリゴリのギターサウンドで押しまくる骨太ハードロックという感じでした。

これはこれで良かったと思いますが、その後も同じようなサウンドのアルバムが続き、中には、「もうヨーロッパは聴かなくてもいいかな」なんて思われた方もいたのではないでしょうか?

しかし、今作「Walk The Earth」は、ロンドンの「Abbey Road Studios」でレコーディングされ、自分たちのルーツである70年代付近のハードロックと新作のアイディアを融合させ出来上がったアルバムで、70~80年代のハードロックを聴いてきた方にとって、

魂を揺さぶられこと必至です!

収録曲と曲の傾向

収録曲は、以下の10曲。

  1. Walk The Earth
  2. The Siege
  3. Kingdom United
  4. Pictures
  5. Election Day
  6. Wolves
  7. GTO
  8. Haze
  9. Whenever You’re Ready
  10. Turn To Dust

まず、サウンド面ですが、ギターはザクザクゴリゴリではなく、リッチー・ブラックモアやマイケル・シェンカーのような音の芯がはっきりしたようなサウンドになっており、5,6弦をズンズン弾くのではなく、リッチー・ブラックモアのようにリフでメロディーを奏でるような弾き方をしています。

鍵盤楽器は、ピアノとほぼハモンドオルガンの音

曲調も、レインボーの「Stargazer」や「Gates of Babylon」「Catch The Rainbow」のような雰囲気のある曲が散りばめられています。

ギターソロもリッチー・ブラックモアが弾くようなアラビアチックなメロディーが随所にみられます。

ただ、歌メロはレインボー程キャッチーではないので、全体的なイメージとしてはディープ・パープルが一番近いかもしれません。

ノリの良い曲とヘビーでダークな曲の割合は半々で、バランスも良く取れています。

4曲目の「Pictures」はバラードですが、アコースティックギターとピアノ、フルートやバイオリンの音が入っており、その曲のメロディー展開からも、ハードロックのバラードというよりは、プログレアルバムに収録されているバラードような雰囲気があります。

まとめ

この新作「Walk The Earth」は、贅肉のない必要最小限の音数、かつ、歌メロ、ギターリフ・ソロ、アレンジ等を練って作ったというよりは、スタジオに入った時に感じたパッションをストレートに出して作られたようなアルバム。

もう過去の名盤しか聴いてないなんて方も、このEUROPE「Walk The Earth」を聴けばあの頃の熱い想いがきっと甦ってくると思います。

80年代ハードロック新譜・再販情報
80年代前後に活躍したハードロックバンドを中心とした新譜・再販などの様々な最新情報ページです。 おすすめの情報を日付の新しい順に随時更新していきます。 2019年 7/17 ソニー洋楽名盤1000円シリーズ 50タイトル発...
ハードロック
「ハードロック」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました