【Geekria】MDR-Z1000のイヤーパッドを安い互換性モノに交換したらどうなるか?

AUDIO
記事内に広告が含まれています。

こんにちは、まちろです。

SONYの名機 MDR-Z1000。モニターヘッドホンでありながら、リスニング用途にも最高の音を出すヘッドホンです。もう廃盤になってしまったんですが、なかなかこれと同じ音を出すヘッドホンってないので、今でも愛用してる人は多いんじゃないでしょうか。

モニターヘッドホンだけに作りはしっかりしていて頑丈なんですが、どうしてもヘッドバンド、イヤーパッドについては、汗とか脂とかが着くから劣化しちゃうんですよね。

 

こんな感じに表面の皮が剥がれてボロボロ。大体、毎日のように使って、3年ぐらいでこんな感じになってきます。

 

こういう部分は消耗品だから、気軽に交換しやすい価格であって欲しいんですけど、純性は高いんですよね。イヤーパッド片側で5500円ぐらい。1回純正品に変えたんですけど、またボロボロになっちゃって。でも、音には支障はなから、このままでいいやって感じで、この状態のまま使い続けてる人もいるんじゃないでしょうか。でも、使うたびに、あっちこっちに剥がれたカスが落ちるんですよね。困ったもんだ。

 

ヘッドバンドについては、これで対処してます。布を被せて、ボタンで数か所パチッと止める商品。

これがいいんですよ。違和感あるんじゃないの?って思われるかもしれませんが、全然そんなことなくて、むしろこれ付けてた方が頭頂部の当たりが、ふんわりして、さらにフィット感が快適になります。洗って使えるし、もう5年使ってますけど、まだ全然使えます。もし、知らなかったらアマゾンで売ってるのでチェックしてみてください。

 

さて、本題。イヤーパッドのボロボロ対策としては、イヤーパッドにストッキングみたいなのを被せるやつも売ってますが、やっぱりいくら薄くても音の出口に何かあると音質が変わってくるし、特にモニター系のヘッドホンを使ってる方はそういうのに敏感だと思うので、ちょっと抵抗がありますよね。

ということで、MDR-Z1000の純正イヤーパッドと互換性のある安い商品を買ってみました。メーカーはGeekria。先ほど紹介したヘッドバンドカバーと同じメーカーです。両耳セットで2,555円(2024.1.12現在)。激安ですよね。もしこれで問題なかったら、今後、これでいい訳だし。実際に使ってみたのでどんな感じだったかレビューしたいと思います。

 

スポンサーリンク

【レビュー】MDR-Z1000互換性イヤーパッドGeekriaを使ってみた

パッケージの内容

箱の中に入ってるのは、

  • イヤーパッド✕2
  • 工具
  • クロス
  • ステッカー
  • 注意書き

 

交換用のイヤーパッドを買うとこの手の工具(白い棒)が付いてくるんですが、個人的には使わない方がやりやすいのでいつも未使用。

 

 

装着前のイヤーパッドの印象

まず、見た目と触った感じですが、純正と変わりません。指で押した時の弾力感も同じ。ただ、純正よりも若干深さが浅い気もしますが、気のせいレベルの差。

 

 

イヤーパッドの装着について

MDR-Z1000のパッド交換は簡単です。別にネジを外してとかそんな事する必要はなく、イヤーカップの溝にパッドのつばが噛んでるだけです。なので、イヤーパッドの中に指を入れてギュッと下に引っ張って持ち上げれば簡単に外れます。

 

取り付けも簡単なんですが、慣れない時間がかかると思うので、一応やり方をお話ししておきます。まず、上の方からイヤーパッドのツバの部分をイヤーカップの溝に引っ掛けて、残りを少しずつ溝に入れて行きます。下の方まで来ると上から引っ張られる感じになるので、今ハメた部分が外れないように手で押さえながら、イヤーパッドの中に指を入れて、下にひっぱりながら、外に押し出す感じにするとツバが出てくるので、それを溝に引っ掛けて、全体にハメていきます。

 

ハメ終わったら、溝に馴染ませるために手で覆ってクリクリっと何度か動かして完成。

 

で、実際に付けてみると、深さは変わらないですね。見た感じも純性と同じ。

 

 

【Geekria】MDR-Z1000互換性イヤーパッドの音質

では、肝心の音はどうか?

音質が変わっちゃうとどんなに見た目が同じでも使えないので、さっそくチェック。出来るだけ音質の違いが分かるように、この交換の直前までボロボロのイヤーパッドでしばらく音楽を聴いてました。

私の環境は、

  • ヘッドホンアンプ:TEAC UD505
  • 再生ソフト:Music Bee(排他モード)
  • 音源:オフコース / The Best Year Of My Life(2022 remaster)
  • ファイル形式:flac

 

で、聴いた感じなんですが、変わりません、全く一緒。高音が刺さるようになったとか、低音が減ったとか、解像度が変化したとか、そんなこともなく、同じ。

装着感は、交換したばかりということもあって若干固めな印象はありますが、以前、純正に交換した時もそんな感じだったので、やっぱり装着感も変わらないですね。

ということで、

Geekria恐るべし!

 

終わりに

なんだよこれ~、最初から純正じゃなくて、これ買っておけばよかった!

Geekria、もう最高。もし、今後もずっとMDR-Z1000使い続けるなら、なくならない内にまとめ買いしておいた方がいいかもです。MDR-Z1000自体が廃盤になってるから、いつGeelriaも生産止めちゃうか分からないし。

あとは耐久性ですかね。純正と同様、3年ぐらいは持ってくれたら嬉しいですけど、それにしても価格が1/4だから、やっぱ買いですね、これは。

ということで、MDR-Z1000のイヤーパッド交換に躊躇してる方、速攻買っちゃって大丈夫です。

【レビュー】DENON DP-450USBの音質と使い勝手~レコードプレーヤーのおすすめ~
こんにちは、まちろです。 もう20年ぐらい使っている1万円程度のボロボロのレコードプレーヤーを新調すべく、TEAC TN-4DとDENON DP-450USBの2機種で散々迷った挙句、DENON DP-450USBを購入しました。DENON...
スポンサーリンク
このページをシェアする
まちろさんをフォローする
スポンサーリンク
まちろブログ