SHURE SE215spe イヤーピース交換~茶楽音人 SpinFit~

今回は、SHURE SE215speに茶楽音人(さらうんど)というメーカーのイヤーピース SpinFitを付けて、その装着感やどんな音質変化があるのか検証してみました。

スポンサーリンク

茶楽音人 SpinFitの特徴と他社イヤーピースとの比較

茶楽音人 SpinFitの特徴

SpinFitは、イヤーピースの芯(ノズルを差し込む部分)の中間(下の写真の黄色と透明な部分の境目)が曲がる仕組みになっており、その仕組みのおかげで密着度の高いフィット感と、高音域と重低音域の改善が望めるとメーカーでの説明がなされています。

SpinFitと他社イヤーピースとの比較

イヤーピースの厚みは、SHUREのイヤーピースより薄いです。

イヤーピースの大きさは、SHUREより少し小さく、同じLサイズで比較すると、SpinFitのLサイズは、SHUREのMとLの中間ぐらいの大きさです。

下の写真の左がSHUREのMサイズ、中央がSpinFitのLサイズ、右がSHUREのLサイズです。

よって、SHUREのLサイズでジャストフィットの方がSpinFitのLサイズを購入した場合、耳の奥の方に押し込む形となり、あまり押し込み過ぎると、薄い素材のせいで僅かな隙間ができ、低音が逃げてしまうので、少し引き出すような感じにして、ベストポジションを見つけてください。

音の出口に関しては、SpinFitの方がSHUREのイヤーピースより大きいです。

SE215spe+SpinFitの音質

音質チェックに当たって、SHUREシリコンとSpinFitは共にLサイズ、DAPはSONY NW-ZX2で直差しします。

試聴曲には、斉藤由貴「卒業」(アルバム「AXIA」)、Galneryus「The Time Has Come」(アルバム「Phoenix Rising」)を使用しました。

卒業

付属イヤーピース

音色は暗めです。

空間は左右は広いく感じますが、上下・奥行きは余り感じません。

バスドラム、ベースは低音の芯に筋肉がついているといったイメージで重く、音圧を強く感じます。

低音のエッジ(輪郭)は立っていませんが、ボワついてはおらず、ベースラインも分かります。

左右で鳴っているパーカッションの音は良く聴こえます。

シンバル等の高音域については、少し引っ込んで聴こえます。

シャリ付きは感じませんが、乾いたカサカサとした感じの音です。

アコースティックギターは自然な厚みがあり、弦のスティール感が分かります。

ボーカルは、少し「サシスセソ」が気になります。刺さる訳ではないのですが、耳にフッと息を吹き込まれるかのような感じがします。

中高域の音色は無機質で艶や音の余韻は感じられません。

ボーカルとベース・バスドラムといった中音・低音の音がフォーカスされた音量バランスです。

Spinfit

音が出た瞬間、音色の明るさを感じました。

空間は、左右の広さは付属イヤーピースと変わりありませんが、上下に広い空間が出てきました。

奥行は付属イヤーピースより少し増した感じがします。

バスドラム・ベースは付属イヤーピースと同じ重さを持ちながら、タイトな音になりました。

付属イヤーピースの筋肉を細くした感じです。

このため、ベースラインがより明瞭に聴こえますが、低音の音圧感・力強さは付属イヤーピースの方があります。

シンバル等の高音域については、音質の質感は変わりませんが、若干ですが艶が出ました。

アコースティックギターは付属イヤーピースよりも線が細くなります。

弦のスティール感はより増しますが、少し不自然なほど明るめな印象を受けました。

ボーカルは「サシスセソ」は気にならず、艶が乗るようになりました。

付属イヤーピースで感じた音の無機質さがなくなり、音全体に艶が出てきました。

解像度も上がり、細かい音がさらによく聴にこえます。

ボーカルがフォーカスされた音量バランスにシフトしたような印象を受けました。

The Time Has Come

付属イヤーピース

ハイハット等の高域の音が引っ込み気味で、金属感を伴わない、カサついた感じです。

バスドラムは重く、音圧感がありながら、キックの連打がはっきりと分かります。

ボーカルは引っ込んではいませんが、少々厚みが足りません。

左右ステレオで出ているギターのバッキングは、重みと厚みがあり、ザクザク感がとても気持ちがいいです。

空間は、左右は広いですが、上下奥行きは感じません。

全体的に艶のない無機質な音質です。

SpinFit

音色が明るく、上下奥行といった空間がプラスされます。

バスドラムは重さを保ちながら、締まり、よりツーバスのアタック音が明瞭になります。

ボーカルの引っ込みは感じられなくなり、厚みが少し増しました。

ハイハット等の高音も引っ込まず、少し艶が出たように感じます。

ギターについては、音が明るくなりましたが、厚みや重み、ザクザク感の気持ち良さが減少しました。

まとめ

SpinFitの効果をまとめておきます。

  • 音場(空間)が一気に広がり、音色は明るくなる
  • SHURE付属シリコンではカサツキ気味だった中高音に艶が乗る
  • 音圧は減少するが低音の重さを保ちながらクリアな音質になる

SE215speの低音の量を減らしたい、音のこもりをを解消したいと思われている方にはぴったりのイヤーピースです。

SpinFItを使用すると、ボーカルがより前に出て付属イヤーピースよりも艶が乗ってくるため、ボーカルを重視する方に向いているように思いました。

SpinFitを使用すると音質の変化は顕著で、ヘタに安いリケーブルをするより効果はあります。

なお、SpinFitには、SHUREのようなノズルの細いタイプと通常のダイナミック型イヤホンのようなノズルの太いタイプの2種類があるので、購入の際はご注意ください。

★イヤホン・ヘッドホン・DAP新製品情報をチェック!!

フジヤエービック New Items トップページ

エントリークラスイヤホン
「エントリークラスイヤホン」の記事一覧です。
AUDIO
【インフォメーション】 2020年11月7日~8日に開催予定だった「秋のヘッドフォン祭 2020」の中止が決定。 春・夏のヘッドフォン祭も中止だったことから、今年のヘッドフォン祭は全て中止ということに。 その代わり、11月7日(土)に「...